駅伝の広場

このブログは駅伝同好会のメンバー間の交流などなど、何でも使ってもらえればと思って設置しています。 メンバーのみなさ~ん! 記事の投稿、返信、ドシドシお書きください♪

奈良マラソン2017

2018-02-18-Sun-03:17
さて、、、
皆様、テストの出来はいかがでしたでしょうか?
もしかしたら、まだレポートが残っている方もいるかもしれませんが、これから春休みですね。

今回はもう2か月経ってしまいましたが、2017年12/10(日)に行われた奈良マラソンについて、当ブログ初投稿、理学部2回の大崎が振り返っていこうと思います!(大変遅くなってすいませんでした)
参加したメンバーは僕を含め5名の
大崎、細井氏、S.Nao様、櫻井さん、たーこさん
で参加してきました!

まずはレース前日2/9のエントリーから振り返っていきましょう。


~ 2/9 エントリー&プチ観光 ~

この日はレースのスタートとゴールの会場である鴻ノ池陸上競技場でエントリーがありましたので、まずはお昼前にエントリーに向かいました。
現地に到着してからはすぐにエントリーを済ませ、会場で今回の1枚目の写真をパシャリ
1518153985936.jpg
さて、エントリーも済ませた。写真も撮った。ではこれから何をしようかとうろうろしてると、近くで地元テレビによるランナーへのインタビューの撮影を発見。
出来れば僕たちの方には来ないでほしいとそっぽを向きますが、こういう時に限ってこうなるもので、
「すいませーん、少しいいですかー?」
とインタビュアーから声がかかり撮影交渉を申し込まれます。
僕らは事務所NGといったわけでも無かったですし、地元のローカル局だから下手こいてもその有様が全国区にさらされる心配もないと思いインタビューを受けることに。
しかし、どうやらインタビューというものは交渉が成立した途端、心の準備の無いまま即座に始まるらしく、僕はあたふたして何も答えられませんでした。全体的にかなりグダグダしてしまいましたが、幸いにも細井氏がしっかりと受け答えをし何とかその場をしのぎました。
さすがにこれはテレビに使ってもらえないだろうと変に安心しましたがその結果やいかに、、、

テレビのインタビューを受けた我々はそのあとお昼ご飯を求めに駅のほうまで戻りました。いろんな案があり商店街をうろうろし、まずはできたてのお餅をいただくことに。
1518153991727.jpg
その後は結局S.Naoちゃん案の『さくらバーガー』というハンバーガー屋さんでランチをすることにしました。
このお店は某グルメサイトでの評価も高く、この日も僕らの前に2、3組が外で待っていました。我々も10分程の待ち時間でいざ入店。
こちらの看板メニューはお店の名の通り、『さくらバーガー』という桜チップで燻した自家製のベーコンを挟んだハンバーガーでボリューム満点、味も大満足の逸品となっているようです。
1518153993472.jpg
僕はお店No.2の『もみじバーガー』をいただくことにしました。こちらかなり小さいもので、お店の人にも小さいけど大丈夫ですかと注意されましたが、それはそれでどれだけ小さいのか気になったのでこちらをいただくことに。
1518153995618.jpg
めっちゃちっちゃい。味はパンも肉も玉ねぎもうまい。

さて、優雅なランチを過ごした我々はもうするべきこともなかったので帰っても良かったのですが、マラソン前日は観光するのが通例らしいので、先例に倣い我々も観光することに。
しかし、皆さん修学旅行やちょっとしたイベントで来てたり、そもそも地元民であったりと、初めての奈良観光ではなかったのでそれほど心躍ることもなくただ歩くのみでした。
とりあえず近くにあるのは東大寺だったので、まずは南大門をくぐりますが、
1518153961597.jpg
この門の両側にある阿形像、吽形像には目もくれず、大仏殿の拝観口も入る様子すら見せず通り過ぎていきました。これでは、観光になってないということでとりあえず、正倉院へ向かうことに。しかし、こちらは開門されておらず外から屋根ぐらいしか見えません。
これで帰るわけには行かないので、そこから少し歩いた二月堂に行きそれっぽい写真を回収し、なんとか観光することに成功。
1518153964351.jpg
1518153965961.jpg

そこらでそろそろ歩き疲れたので、駅に戻り、明日に備えてこの日は解散ということにしました。



〜 12/10 奈良マラソン当日 〜
この日の天気は曇り時々晴れといったところ。気温は12月なのでもちろん寒いですが、ここ最近の寒波ほどでもなく、コンディションとしては比較的良好でした。
我々は会場で一度合流してから各自荷物を預けてスタートラインへ向かう予定でしたが、細井氏は最寄り駅とは別の駅から出てるシャトルバスに乗ろうとするも、パンフレットの案内とは反対にバス待ちの人がかなり多く、なかなか乗れなかったようです。
結局、細井は集合に間に合わず、彼をと除いた人たちで今日は頑張ろうとお互いを励まし、各自荷物を置きに準備をします。

ところで、僕はレース前、微妙にトイレに行きたくなってしまい、ここで行かないとあとで後悔することになるかもしれないと思ったのでトイレに行くことにしました。しかしこのとき一度向かったトイレがあまりにも混んでおり、別のトイレに行ったのですがこちらも混んでいました。
ここが運命の分かれ道となり、はじめに行ったところでずっと並んでいれば良かったのですが、迷っているうちに大きな時間ロスをしてしまい、とうとうスタートブロックが閉鎖されてしまいました。本来かなり良い位置のCグループからスタートするはずだった僕は結局、最後尾からのスタートとなってしまいます。


そして、ついに9:00となり『奈良マラソン2017』がスタートしました。

最後尾スタートとなってしまった私ですが、実は今回初マラソンであり、最後尾スタートでもどうせネットタイムがあるし、抜かせば良いだろうぐらいに楽観的に考えていました。
しかし、いざスタートラインを切ってから、直線の道路を見ると出場者1万人以上の人、人、人で道路が埋め尽くされて、とても抜かすどころの状況ではないことに気づきます。
1518153933713.jpg
これではペースを考えて走るどころではなく、25km程、ただ人を抜かすことだけを考えて走ることになります。
初めの方は比較的大きな通りとなって入るものの人口密度が半端なく、道路脇の小高い歩道に乗り上げては抜かしてコースへ、また乗り上げてはコースへの繰り返しでなんとか前に前に進んで行きます。
それでも初めの3kmぐらいはキロ5分30秒ぐらいで、軽快に走れたものではありません。
平城宮跡などがあるメインストリートにやってきも依然、前は人だらけですが、抜かし方のコツを掴んできたのか、なんとか5分ペースで走れるように。メインストリートから奈良公園のほうへ行きその時点で10kmを通過。

そこからは天理を目指しひたすら南に進みます。平坦な道が続き、体も暖まってきたので4分20~30秒ぐらいにペースアップして前を抜かし続けます。
15km以降から天理までは登ったり下ったりで全体としては下り道が多く、折り返してからは逆にこれを登ると考えると気が遠くなりそうでした。

天理の市街地に入っていくと平坦な道が続き、周りの風景も異国のような感じで新鮮な風景のもと楽しく走れました。
1518153940199.jpg
1518153942181_2018021713020716f.jpg

そうこうしているうちに折り返し地点です。 (25km)
ここではぜんざいと三輪そうめんが配られていましたが、僕は先を目指しここはパスです。
(食べた人によるとここのエイドが一番良かったそうです。)
1518153955378.jpg
1518153957599.jpg

自分のこれまで走った距離の最長がこの辺で、自分にとってはここからは未知の領域です。
マラソンはしばしば30km過ぎてから戦いだと言われていますが、まだこの辺では足に疲労が溜まってきているだけで、まだ4分半ぐらいでは走れていました。ゆーて余裕やんけという感じですが、さきほど軽快に走っていた下り坂が上り坂となって30km近く走ってきた足に鞭を打ってきます。
ここらへんから歩きだす人がかなり増え、自分はまだ耐えてるといえども、あと少ししたらこうなってしまうのではと怖くなってきます。しかし、そうなるのもあっという間のこと。こんなにさっきは下ったのかと疑わずにはいられなくなるほど、上りが続き、足取りもかなり重くなってきました。
レース初めのうちは、人見知りによるものなのか沿道のハイタッチにあまり応えていませんでしたが、ここから沿道のハイタッチのみが頼りです。特にボランティアの高校生達のハイタッチでおじさんは若さのパワーをもらい、なんとかこの上り道を走り続けることができました。(33km)

その後、少しだけ下りや平坦なところに来ても、足はそろそろ限界であり、折り返した後のコースはわざとなのかわからないですが、行きの平坦なコースではなく、頻繁に上り坂のあるコースとなっていました。
次第に5分、5分半、6分、6分半とペースがガタ落ちしていき、普通に歩くほうが足が前に出てるぐらいの足取りになります。とはいっても、歩こうとすれば足に激痛が走り、いくら遅くても走る動きをせざるを得ません。

そして、奈良公園に入りかけのありえんきつい坂を上りきり、ようやく県庁などのある市街地に出てきゴールまであと2、3kmとなり、気持ち的には少し安心です。
もうペースは上がらず、1kmごとの看板を見る時間の感覚も長くなり、2倍ぐらいの距離を走っているような感じです。

競技場が見えてくる残り1kmほどのところで最後の緩やかな上り坂を上ります。もうここまでくれば完走は確実なので、ペースは考えずにラストスパートをかけます。足はもう動かそうとしても動かないので腕と上半身だけで体を前進させます。

そして、もう何年と走ってきた愛しのブルータータントラックが見えテンションMAX、残りの200mをインターバル走のラスト1本のように無我夢中に走りきり、初の42.195kmを完走しました。

タイムはネットタイムで3時間38分。惜しくも3時間半切りはかないませんでしたが、とにかく完走出来てよかったです。
一度走り終えてしまうと、自分がなんとか42.195kmを走り切ったという安心感で、しばらくみんなが走り終えるまでぼけーっとしてました。

最終的には全員が無事完走を果たすことができました。
お疲れ様でした。
1518153946740.jpg
1518153953841.jpg

これにて我々はこのレースを終え、そのあとは疲れを癒しに競技場近くから出てるシャトルバスに乗り銭湯に向かいました。
温泉にじっくり入ると疲れや筋肉痛が取れると思いましたが、そんなわけはなかった。

そして奈良駅に戻り、昨年と同じらしいですがサイゼリヤで晩御飯です。
この日のレースの振り返りや冬合宿の話をして最後の楽しいひと時を過ごしました。

帰るときには筋肉痛で階段を降りるのがあまりにもつらかったのですが、どうやら後ろ向きで降りていくのが良いらしく、これを実践してみたところ普通に下るよりは確かに楽に下ることができました。
1518153949586.jpg
もちろん他の人からは変な目で見られるので注意してください。

そして、駅についてから一同解散し、これにてこのイベントは終わりました。

坂が多くてきついといわれる奈良マラソンはまさにその通り、かなり厳しいレースですが、ある意味で走りがいのあるレースとなっていますので、是非皆さんも来年以降参加してみてください。
ちなみに僕は大阪か神戸に出たいですね。

それでは皆さん、また今後も頑張っていきましょう!
最後までお読みいただきありがとうございました。

(前日のインタビューはグダグダなやり取りがすべてカットされましたが最後の掛け声のみが使われました。恥ずかしいでござる。)
スポンサーサイト

ゑびす男選び@阪大坂

2018-01-07-Sun-18:18
謹賀新年

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。B3片岡です。

松岡さんのNAHAマラソンブログ読ませていただきました。面白かったですね。沖縄行きたいンゴ…
ただ一つだけ言うなれば、じゃんけんで勝った人にブログを書いてほしいものです。笑


さて、今回は駅伝同好会三大いぶし銀イベントであるえびす男選びに参加してまいりました。
本家はみなさんご存知の西宮神社での福男選びでしょう。
こちらは阪大坂をダイワサイクルの横から頂上まで駆け上がり、上位3名がえびす男として景品をいただけるというレースです。なお女性の1着にも、えびす娘という形で景品があります。


昨年はなんとのぞみちゃんが女性で1着となり、えびす娘に選ばれていました。今年の駅伝同好会の活躍を占うイベントです。


当日朝6時に阪大坂下に集合。

スタート時の立ち位置は早い者勝ちです。朝早く来るほど、前列の整理番号をもらえる仕組みです。
田中の家に前泊していた僕と田中は、6時前に到着。なんと4番目でした。
1.3番目にはおじさん、2番目にやちこじまがいました。なお1列7.8人ほどなのでこの時点で最前列からのスタートを確保しました。

女子たちも14.5番の位置を確保。2列目スタートです。

整理番号をもらった後は、荷物を置いて、軽くジョグ、ラジオ体操などをして準備運動をしました。怪我しないようにね。


そして7時半。いよいよ整列です。やちこじま、僕、田中は最前列、ぽーちゃんみずきちゃんは2列目からのスタート。これは上位狙えるぞ!!!


そして運命の時。戦いの火蓋が切って落とされた。たった350mのレース。最初から飛ばします。


が、おじさん、高校生、陸上部、みんな速いんじゃ。もう付いていけんのじゃ。


あまりの過酷さに酸欠になりながらも、片岡全体の7位でゴール。
以下駅伝同好会の戦績。
田中9位
やちこ10位
釣井41位
鈴井48位

女子勢も健闘したようでしたが、惜しくも女子1位には届かず。

残念ながらえびすには届きませんでしたが、山根くんのゼミの皆様が用意してくださったお雑煮が僕たちを出迎えてくれました。(なお筆者は極度の吐き気により、田中にお雑煮を半分食べてもらう笑)
ゑびす男選び@阪大坂_180107_0004


そして、この後は毎年恒例の抽選会。着順のカードが配られるのですが、そのカードでの抽選会。
以下駅伝同好会の戦績
やちこ&鈴井 陶器
ゑびす男選び@阪大坂_180107_0003

田中&片岡 何も当たらない


そして、


釣井さんが当たったもの

とかけまして

昨年の阪大での不祥事とときます


そのこころは


どちらも、お食事券(汚職事件)です。

釣井さんが商店街にある、まるさん食堂の食事券をゲットしていました。羨ましいです。


餅をついたり
ゑびす男選び@阪大坂_180107_0007 ゑびす男選び@阪大坂_180107_0006


記念写真を撮ったりして解散です。
ゑびす男選び@阪大坂_180107_0001




来年はもう少し短距離を鍛えて、参加したいと思いました。

それでは今年も1年よろしくお願いいたします。



注) 駅伝同好会三大いぶし銀イベント:裏合宿、正田杯、えびす男と言われている

NAHAマラソン~レース当日編~

2018-01-06-Sat-11:14
こんにちは。引き続き1回生松岡です。レース当日を振り返っていきたいと思います。

12月3日日曜日、当日
5時50分に起床。誰も寝坊することなく、朝ごはんを食べて、7時ごろにホテルをチェックアウトしました。余裕で整列時間の8時20分までに着ける計算でした。

しかし、スタート&ゴール地点の奥武山公園近くの駐車場は予想以上に渋滞していました。進まない車列、威圧的にクラクションを鳴らす車、窓の外を走っていくアップ中のランナー、、、結局スタート地点に着いたのは8時20分を少し過ぎたころでした。荷物を預け、写真を撮ってから男子女子で別れました。
IMG_5483 (1)

私たち女子4人はもともとA~Kブロック中のJからのスタートだったので、今更焦ってスタート地点に行くことよりも、トイレに行ってから最後尾に並ぶことを選びました。ちなみに池内さんはA、緑さんはCからのスタートだったのですが、後で聞くと結局私たちよりもさらに後ろからスタートしていたそうです(・Д・)

9時にいよいよスタート!、といってもほとんど最後尾なので列はなかなか進まず、30分ほどたってからようやく走り始めることができました。あかねさん、あゆみ、やぎちゃんとは早々にお別れしました。

~5㎞
人が多くて走りづらかったですが、お祭り気分で楽しく走りました。国際通りの大きいモニターで流れていた福岡国際マラソンの中継が一瞬見えて、なんとなく嬉しくなりました。「○○くん頑張れ!明日は仕事だよ」という横断幕が掲げられていて、かわいそうと思いました。
IMG_5822.jpg

~10㎞
あゆみと再会し、以降5㎞ほどつかず離れずという感じで走りました。人が多く、思うように走れませんでしたが、制限地点を時間内に通過できない恐怖からがんばって前に出ました。沿道ではエイサー隊が応援してくれていました。
IMG_5820.jpg

~15㎞
初給水!人が多くて水を取るのも飲むのも難しかったです。

~20㎞
19㎞あたりからの坂がしんどかったです…。中間地点のエイドにあったトマトの丸かじりをスルーしたのが心残りです。第一制限地点(21㎞)も無事に通れてひと安心。だいぶ疲れてきました。
IMG_5493.jpg

~25㎞
曇っていた空もいつの間にか晴れ、沖縄っぽく暑かったです。海が見渡せるところが2か所ぐらいあって癒されました。文章にすると穏やかに走っていそうですが、かなり疲れてきました。42㎞って長いなあと気づき始めました。

~30㎞
このあたりからはずーっとしんどかったです。給水があるたびに飲んだり手足にかけたりしました。すっきり柑橘系のジュースだと思って受け取ったものがめちゃくちゃ甘いトウキビジュースだったのが、このレースで一番のがっかりでした。ちなみに嬉しかったものは水と輪切りレモンでした(^◇^)

~ゴール
ゴール直前の上り坂下り坂がつらかったです。上り坂は勢いをつけていけという恩師の教えを守って走り切りましたが、平地では歩いたり止まったりしてしまいました。沿道の人はコールドスプレーや軟膏を差し出してくれる優しい人ばかりでした。ラスト300mは競技場のトラックだったので、300mだけラストスパートかけよう!と思ったのですが、いざ入ると湿ってぬちゃぬちゃになった土のグラウンドで、結局足を取られつつのろのろとゴールしました。本当にしんどかったです…。
IMG_5494.jpg

楽しさよりも辛さのほうが勝ってしまったレースでしたが、とりあえずの目標にしていた5時間を切れたので良かったです。次はもっと楽しみながら走れるように練習がんばろうと思いました(^^;)

IMG_5486.jpg
沖縄っぽい木の前でぱしゃり

その後、再び駐車場の大渋滞による3、40分の立往生を経て、温泉に行きました。レンタカーの返却時間が迫っていたためゆっくり休むことはできませんでしたが、マラソンを走った人にはシークワーサージュースや黒糖をサービスしてくれる良い温泉でした!

レンタカーを返し、空港内のどんぶり専門店で最後のごはんを食べ、ぎりぎりの駆け込みで飛行機に乗り、大阪に帰りました。
IMG_5487.jpg

今回NAHAマラソンに誘ってくださったあかねさん、下調べや準備をしてくださった池内さん、運転手をしてくださった緑さん、本当にありがとうございました!爆音目覚ましをかけてくれたやぎちゃん、大阪帰着後泊めてくれたあゆみもありがとう。とても楽しかったです(∩´∀`)∩

長くなりましたがここまで読んでいただきありがとうございました!

NAHAマラソン~観光編~

2018-01-06-Sat-00:35
あけましておめでとうございます。
じゃんけんできれいに一発で負け、NAHAマラソンのブログを担当させていただくことになりました、法学部1回生の松岡日菜です。年をまたいでしまって申し訳ありません!前々日・前日の観光を写真多めで振り返っていきたいと思います。

12月1日金曜日、前々日
14時発の飛行機で伊丹から那覇へ向かいました。飛行機事故番組のせいで飛行機に不安を抱いていた私も無事に着陸できてひと安心。冬でも暖かい南の島沖縄、そんなイメージを勝手に抱いていましたが、空港を出ると雨が降ってどんよりとした天気でした。
まずレンタカーを借り、3日間緑さんの運転であちこち移動しました。(ありがとうございました!)

ホテルにチェックイン後、夜ご飯を食べに糸満漁民食堂へ。沖縄の言葉で書かれた魚料理のメニューを読むのが楽しかったです。そして沖縄で最初に食べたのはIMG_5445.jpg

IMG_5807.jpg

ビタロー(鯛)のバター焼き定食&まーす煮(塩煮)定食!
私はバター焼きを食べました。バターとあおさのりで甘しょっぱく味付けされていて、とても美味しかったです。まーす煮も一口もらいましたが、そちらはあっさりめの味付けで美味しかったです。皆さん魚の身をほぐしては食べるのに夢中で、食事中は終始無言でした。笑

デザートまでしっかり食べてホテルに戻りました。

IMG_5808.jpg

とても豪華できれいなホテルでした。お風呂も広くてきれいで癒されました(^◇^)

12月2日土曜日、前日
この日の予定は観光とマラソンの受付でした。まずホテルでビュッフェ形式の朝食をとりました。定番のメニューに加えて、紅芋のパン、ゴーヤや素麺のチャンプルー、沖縄かまぼこといった沖縄らしいものがたくさんあって嬉しかったです。

9時前にホテルを出発し、水中観光船の港に向かいました。天気はあいにくの小雨でしたが、コートは部屋に置いていきました。

IMG_5810 (1)

港での若干の待ち時間の後、水中観覧船オルカ号に乗り込み、観覧ポイントまで15分ほど移動しました。船なんていつぶりだろう~と浮かれていたのもつかの間、船が動き出すと風が強く、雨も吹き込んできて、それはもう寒かったです。コートを置いてきた自分を恨みました。15分間雨風に吹きっさらされ、南国沖縄のイメージが崩れていきました。

IMG_5811.jpg
皆さん寒そうな笑顔です。あゆみ顏かぶってごめんね、、

観覧ポイントにたどり着き、水中の様子はどうだったかというと、
IMG_5459.jpg
サンゴと魚が見えました!が、この日の透明度は5段階中の2、「見えづらい」だったそうで、たしかにちょっと見えづらかったです。クマノミもいませんでした(>_<)

再び15分間の船旅に耐えて港に戻り、次に向かったのはおきなわワールドです。その名の通り、鍾乳洞、エイサーショー、ハブとマングースのショーなどなど、沖縄が凝縮されたような場所でした。
IMG_5809 (1)

IMG_5467.jpg
おきなわワールドの地下に位置し、夏は涼しく冬は暖かいという鍾乳洞を見学しました。暖かくて神秘的でとても楽しかったです。

他には、

IMG_5480.jpg
琉球ガラスの足つぼマットを踏んだり、

IMG_5474.jpg

IMG_5814.jpg
顔をはめたり、

IMG_5475.jpg
蛇に巻かれたりと楽しい時間を過ごしました(∩´∀`)∩

この日のお昼はソーキそばや沖縄そば、うるかそばを食べました。
IMG_5469.jpg
写真は沖縄そばです。名前の違いは乗ってる具の違いです(たぶん)。

そしていよいよNAHAマラソンの受付会場へ!受付でゼッケンと記念Tシャツを受け取り、ようやくフルマラソンを走る実感がわき始めました。
IMG_5476.jpg
OGの仲村渠さんと合流し、以前NAHAマラソンを走った時の感想などをお聞きしました。ありがとうございました!

仲村渠さんとモノレールの駅でお別れした後は国際通りへ。ここでは私たち以外にも、マラソン受付でもらった袋を下げた人がちらほら見えました。

IMG_5471.jpg
ブルーシールアイスを食べました。人気ナンバー1の塩ちんすこう味は、砕いたちんすこうが入っていてとても美味しかったです。12月・小雨・夕方5時・テラス席という条件下でアイスを食べても寒くない沖縄、さすがでした。

お土産を買った後、夜ご飯を食べにチャーリー多幸寿(たこす)へ。
IMG_5473.jpg
手前がタコス、奥がタコライスです。人生初タコス、予想に反してパリパリした生地でした。

この後はまっすぐホテルに戻り、翌日のレースに備えて早めに寝ました。

今回の観光は天気には恵まれませんでしたが、沖縄グルメを堪能できたのでよかったです!魚も肉も美味しい沖縄はいいところだなあと思いました。次は美ら海水族館に行きたいですね。

当日編に続きます。

長居マラソン

2017-12-24-Sun-19:13
                 長居マラソン      
                          12月9日 天候:曇りのち雨
1年 兵頭 周
1、 理論
皆さんは、走ることの意義をどう考える? 私は、走るということは人生そのもののように思う。明確なゴールがあり、走る道自体は初めから決まっているように思えても、その道の途中には本人さえわからないドラマが待ち受けている。今回は、日本選手権が行われ、数々のランナーが記録を出してきた長居スタジアムという陸上の聖地で、42.195㎞という距離を走らせて頂けたということで、その記録をまとめていきたいと思う。

2、 経過
今回は、個人的には1位の景品目的で軽い気持ちで走っているので、高飛車なことが
書かれているように思われるかもしれないが、そのことについてはあらかじめ謝罪しておく。10㎞ごとのの所感を次に述べる。

(1)スタート
  フルマラソンのスタートは10時であり、30余名ほどが参加していた。特にアップもしていなかったためスタート直後は体の動きがよくないと感じていたが、京都大学の方が気持ちの良いペースで引っ張ってくださったので、徐々に体が動いてくるのが感じられた。

(2)10km地点
  10㎞の地点で、先頭集団は6人にしぼられていた。恥ずかしい話だが、私はストップウォッチ付きの時計を持っていないので、そのときの明確なペースは分からなかったが、長年の勘から1㎞4分ぐらいのペースだったように思う。息が上がるようなペースではないが、同じペースで引っ張ってくださった3人の京大の方々には感嘆の一言だ。

(3)20㎞地点
  同じペースで走るのも飽きてきたので、20㎞あたりで先頭に出て、少しペースを上げてみた。すると、6人中4人が脱落し、残り私と1人だけとなった。そのペースで進んでいくと、25㎞地点ではついに1人となり、自分との闘いが始まった。

(4)30㎞地点
  今回は2.8㎞を15周するということで、30㎞地点にもなるとコース上の景色も覚えてしまい、景色を楽しむことが難しくなった。ひたすら半時計周りに走るので、左足に重心がかかり、足を踏み出すごとに左の足裏の痛みが強くなっていくように感じた。しかし、優勝景品が何かを想像することで、なんとかモチベーションを保ち、ペースを落とさないように気をつけた。

(5)40㎞地点~ゴール
  40㎞地点にもなると、早く終われという気持ちが強くなってきた。残念なことに周回数を数えてなかったため、時計台の時刻から残り何周かを推測する他なかった。そして、ついにゴール。体力的なしんどさを感じることはできなかったが、42.195㎞という距離を走ったという精神的な満足感を得ることができた。

3、結果
  駅伝同好会のタイムとゼッケン番号、順位を、次の表に示す。

            表1:男子フルマラソン
順位     ゼッケン番号    名前      タイム
  1    25   兵頭 周     2:48:09
11   26     西畑 宏紀  3:32:45

              表2:男子ハーフマラソン
順位    ゼッケン番号   名前     タイム
  6       115     近藤 泰成  1:17:00
  8       116     伊藤 匠      1:21:40
  9       113     永瀬 健太     1:22:34
  20     118       竹本 崇志   1:29:57
  22     119     相見 隆男   1:31:32

 
              表3:女子ハーフマラソン
      
順位     ゼッケン番号   名前        タイム
 1        186     四方 香帆   1:31:57 
 3        184    LooseKatrin       1:34:15


表彰式の写真を次に示す。
               写真1:男子表彰
1513932513031_201712241900173a1.jpg


                
                  写真2:女子表彰
1513932511048_2017122419001879c.jpg1513932509228_20171224190015b73.jpg



追記 
物理学実験のレポートと間違えてしまったー(泣)

HOME NEXT