駅伝の広場

このブログは駅伝同好会のメンバー間の交流などなど、何でも使ってもらえればと思って設置しています。 メンバーのみなさ~ん! 記事の投稿、返信、ドシドシお書きください♪

高知龍馬マラソン

2018-04-25-Wed-17:02
こんにちは。高知龍馬マラソンのブログを書かせていただきます、一回生の釣井香歩です。何を隠そう高知は私の故郷でございまして、この度は同回生の金嶋直子と共に記念すべき初マラソンを迎えるべく高知へと向かいました。旅の供にこれまた同回生の鈴井瑞生(マラソン不参加・応援要員)を迎え3人で旅立ちました。
さて、まずは高知1日目(2/16)。この日は前述の通り移動に半日を要したためあまり記述することはないです。強いて言うなれば、私の地元である大豊町を友人2人に見せることができて、個人的に嬉しかったことですね。何しろ田舎なので山と川の美しさと静けさは誇れるものであると思います。この夜はご飯をたらふく食べて皆早めに眠りました。
2018042516595024d.jpeg

20180425170033d2c.jpeg

次に2日目(2/17)。朝、私の地元を散歩した後高知市内へと向かい、マラソンの受付を済ませました。受付終了後は近くのレストランで高知の魚を食しました。そこのレストランでは、高知龍馬マラソンのランナーに特典として高知の偉人コースターをプレゼントしてくれました。受付会場のほかの周辺店舗でも同じように無料サービスなどの特典がありました。それからは母の運転する車でマラソンコースの下見や、高知城観光をしました。余談ですが私の母もこの時初マラソンを走りました。
20180425170057746.jpeg

20180425170115456.jpeg

そして迎えた本番高知龍馬マラソン2018(2/18)。釣井、金嶋、我が母共々初マラソンであったためそれぞれ少しの緊張と不安と期待を胸に朝を迎えました。完走できるかなドキドキ。スタートブロックがそれぞれ異なるため荷物を預けると早々に別れが訪れました。寒さに震えながらスタートを待っていると、なにやら異様な雰囲気が。周囲をよく見るとゴリラやアラビアンなお姫様と言った仮装でマラソンに臨む方々が沢山。仮装されている方は少人数ではありましたが、お祭りのような高揚感が周囲には伝染していたように感じます。記念撮影をしている方もいたので今思えばブログようにゴリラ様と記念撮影をしておけば良かったと悔やまれます。かなりのクオリティーだったんですよ、ゴリラ様は🦍。と、このようにスタート前から和やかな雰囲気でした。
スタートしました。高知が私の地元であったこともあり、いつもは車で通っている道を走って通過するのはとても新鮮でした。10キロ地点までは余裕を持って到達。20キロ地点あたりでは長さ1480m,高さ50mと傾斜のきつい龍馬マラソン最大の難所、浦戸大橋をふうふう言いながら(歩いて)通過しました。
20180425170154f39.jpeg

沿道ではバナナやパンに加えて、高知名産のゆずジュースやかつおめしを頂きました。給水所以外でも自主的にみかんなどを配っている方もいらっしゃいました。おじいちゃんおばあちゃんを始め子供達まで、かなり多くの人が大きな声で応援してくれ、初マラソンでくじけそうな私を鼓舞してくれました。
やっとの事で30キロ地点。意外といいペースで来れています。ところが大変だったのは35キロから。足が動きません。つりそうです。歩く。走る。歩く。走る。上半身(呼吸系)はまだ元気なのに、足が動きません。騙し騙し走りました。そして心の中で調子に乗って走っていた30キロ地点での自分を悔い、マラソンを走ると自分はなぜ言ったのか、少し後悔していました。
そうして走っているうちに40キロ地点を過ぎ、もうすぐゴールだ、となると途端に元気が出てきました。競技場に入って最後の力を振り絞りゴールしました。ゴールしてすぐ止まってはいけないと頭ではわかっていましたが、もう私の足は動きません。全力を出し切った初マラソンでした。
気になる金嶋直子はすでにゴールし私を待っていてくれました。すごい。早い。そしておまけに言うと我が母は私のしばらく後にゴールを遂げ、無事完走致しました。

このように無事3人は初マラソンを完走しました。高知観光もでき、私の地元を紹介できて満足な旅となりました。途中後悔しましたが完走してみると、またマラソン走りたいなあという気持ちでした。というか走らざるを得ない状況に私は置かれています。2/18龍馬マラソンを終え、次私が参加するマラソンは3/11の鳥取マラソン。1ヶ月と空きませんが私は完走できるのでしょうか。ということで鳥取マラソンのブログも是非にご覧ください。私は書いておりませんが鈴井さんが書いているはずです。
ここまで私の拙い文章を読んでいただきありがとうございます。感想を伝えてくだされば釣井は喜びます。是非感想を釣井まで。

20180425170209e90.jpeg
スポンサーサイト

2018鳥取マラソン~マラソン編~

2018-04-25-Wed-15:55
こんにちは。引き続き鳥取マラソンのブログを担当させていただきます、鈴井です。

心温まるゲストハウスで眠気まなこの朝食を済ませた我々は、シャトルバスでマラソンスタート会場の鳥取砂丘へ向かいました。

バスにゆられること約20分、目が覚めたらそこはピラミッドの世界…ではなく、ランナーたちが集うスタート会場でした。

打ち寄せる力強い波を背景に、スタート前の記念写真を撮りました。
1520764579047.jpg


スタート直後は生憎の雨でした。
気温が低かったので、我々一回生女子三人は、おしくらまんじゅうをしたり晴れ乞いをしたりして温まりました。

晴れ乞いの甲斐あって(?)、雨はスタート後すぐにやみました!

マラソンのコースは全体的にのどかで心が落ち着きました、が、裏を返せば風を遮るものが何もなく、強風にあおられながらよろよろ走ったり歩いたりしました…。
1520757960244.jpg

今回も「比較的最強」という言葉のチョイスをほめてもらえました(^^♪

エイドでは鳥取の名産品である梨やラッキョウをいただきました。
梨が感動的においしかった…。

途中、幾度となく心が折れそうになりましたが、お互いに励ましあって一回生女子三人は仲良く同タイムで完走できました~。

大幅に遅れをとってゴールしたにもかかわらず、ゴール会場でずっと待っていてくださった先輩方、ありがとうございました。
1520760557631.jpg


春休み中の練習不足を切に感じた今回のマラソンでしたが、走っている間中、某先輩のお言葉「楽に走りたいならちゃんと練習しないといけないよ」という言葉が頭から離れませんでした。。。

仲間と他愛もない会話をしながら楽しむマラソン。初対面の人と世間話をし、励ましあいながら走るマラソン。見ず知らずのランナーに明るい声援とエイドをくださる沿道の地元の方々のおもてなし。今回もマラソンで感じる人の心の温かさに魅せられました。

次回のマラソンはちゃんと練習しよう…。とりあえず減量…。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

2018鳥取マラソン~観光編~

2018-04-25-Wed-15:51
こんにちは。
3月11日に行われた鳥取マラソンのブログを担当させていただきます、先日の健康診断で人生の最大重量を更新致しました、2回生の鈴井デラックスです…。
2018鳥取マラソンには一回生5名、2回生4名の合計9名が参加しました。(大会当時)

梅田からバスにゆられること約3時間。目が覚めたらそこは鳥取駅でした。
わあ~。人が、少ない。

まずは宿泊先のゲストハウスに荷物を預けて昼食をとります。
皆さん知っていましたか?鳥取駅の周りには実は小洒落たお店が多いんですよ~。いわゆる、インスタ映え~そうなお店です。その中で我々が入ったお店は…
「チキンカレーセット500円」の看板が象徴的なカレー屋さんでした。

さてさて。
鳥取駅からバスで約30分。気が付けばそこはピラミッドの世界でした。(違う)
目の前に広がるあたり一面の砂にテン上げでした。眠気も吹き飛びます。
一目散に急な斜面に向かう男性陣と、なだらかな坂をゆっくり登るスタイルの女性陣…あれ、一人足りない…。
と思ったら、Sなおさんがちゃっかり男性陣サイドにいました(^▽^;)

砂登りなう~の図。いい写真ですね!(後ろの方にこっそりSなおさん)。
1520683241023.jpg


海岸で定番のやつ
1520683069495.jpg


この直後に突然大波がきて足がお亡くなりになったぽーちゃんでしたが、売店で買った300円の靴下が思いのほかお気に召したようで何やらご満悦でした。

枯山水(松岡さん作)。
P_20180310_153731.jpg

打ち寄せる荒波と有り余る砂を堪能したところで、鳥取砂丘を後にしました。

そのあとはほとんど花のないフラワーパークに行き、
石を池に投げたり、だるまさんころんだで本当にすっ転んだりしながら童心に返りました。
1520683307062.jpg

磨きがかかった華麗なるサイドステップでだるまさんがころんだ界を沸かせた〇石さん。
意外な一面が見れて楽しかったです。

都会の喧騒を離れてゆったりとした時間を過ごし、心地よい疲れを感じたところで、ゲストハウスに戻り、2018駅伝同好会の鳥取観光は幕を閉じました。

マラソン編へ続きます!

TOKYOマラソン2018

2018-04-21-Sat-09:19
こんにちは!
近ごろトマトの値段が下がってきて喜んでいる、3回生四方です
この前ひさびさにブログを眺めていたら、東京マラソンの記事がないことに気づき、慌てて執筆しました
暇な人だけ読んでください笑


そもそも、私は東京マラソンに落選していました
応募のときから、10倍の倍率を突破できるとは期待していなかったので、落選のメールが来た時も、東京は憧れの舞台としてお預けやなーと思っていました
しかし!11月の神戸マラソンの記録が、兵庫県の陸連登録者のなかで上位だったらしく、まさかまさかの出場権を得たのです!

私は上京自体が、生まれて初めてでした
初めて東京に行くきっかけがマラソンだなんて、ランナーとしてこれほど光栄なことがあるでしょうか!
次回はもうないかもしれない、東京を駆け抜ける全ての瞬間を大事にしよう、と思って走りました

恐れながら、準エリート枠というものに入ってしまったので、Aブロックよりも前のSブロックからのスタートでした
そしてなんと、、、スタート前に設楽選手と目が合いました(*ノωノ) 絶対絶対、一瞬パッてこっち見たんです(*ノωノ)
日本記録を樹立する直前の彼と同じ場に居合わせたなんて、こんな光栄なことはあるでしょうか!


スタート前から、レース中、そしてゴール後まで東京マラソンの熱気は物凄かったです
三ノ宮のフラワーロードが永遠と続いているような感じでした
応援場所についてお母さんと事前に打ち合わせていたにも関わらず、沿道の人が多すぎて、姿を見つけるのもひと苦労でした

私は今回のマラソンに向けてあまり練習をつめていなかったので、記録の目標は掲げていませんでした
でも東京マラソンでの目標として、ずっと笑顔で走ることを決めていました
これまで5回フルマラソンに出て、笑顔で走れば疲れを感じにくいことに気づいたんです
だから今回も実行しました
2018東京マラソン_28

しかし、結果35キロ地点から、どうしても口角が上がらなくなってしまいました
やはり練習不足のせいで、ラストはバテバテでした
それでも、あとちょっとよ!と応援してくれた沿道の方々、私と同じような表情をして隣を走っているランナー達に励まされて、最小限のペースダウンで抑えられたと思います
3°20′00を切れてよかったです!
2018東京マラソン_33


東京マラソンを走った他のメンバーについて、ここまで全く触れてませんでしたね、ごめんなさい!
実は、私は前日お母さんと一緒に行動していたので、出場するひろきさん、平本さん、早川くんと会ったのはスタート前だけでした(写真の中にはもう一人いますけど!!笑)
2018東京マラソン_1

平本さん、早川くんはとっても素晴らしいタイムで走ったみたいなので、本当はゴール直後におめでとうを言いたかったです
ひろきさんは、きっとお忙しかったんでしょう。。。( ;∀;)
皆さん(就活で来ていたつるさんも含め)、お疲れさまでした



追記
マラソン前日飯
2018東京マラソン_7

東京マラソンが終わってから、東京に下宿している友達の家に数日間泊まらせてもらいました
おいしいものもたくさん食べたし、観光もたくさんできました!
上野公園、乃木坂、六本木、原宿、渋谷、表参道、池袋、横浜、そしてディズニーも!生まれて初めて行きました( ;∀;)
東京は、やっぱ日本一です

卒業旅行 in タイ 最終日

2018-04-17-Tue-13:44
こんにちは、タイだと花粉に悩まされないで過ごせることが嬉しく、帰国後を考えると憂鬱な石原です。

タイ旅行もついに最終日。昨夜は大いに盛り上がったため、その反動で遅めの起床。10時過ぎに宿泊先から近い商業施設へ向かい、各々分かれて行動へ。
自分は難波に付き合ってもらいお土産を、購入。難波はビアードパパのシュークリームを食べてました。

taif1.jpg
(↑最終日も天気に恵まれていました:商業施設付近より)


そして1時間ほどで再集合し、宿泊先に戻り、荷物を取ってチェックアウト。かつてレンタカー内に下宿の鍵を忘れて入れなかった記憶が脳裏を掠めたので、忘れ物はしっかりチェック。タクシーに乗って空港へ。


空港に着くとタイにおける最後の食事を。心なしか寂しそうにみえますね。
taif2.jpg

出国手続き後は、この三日間を振り返りつつ和やかムード。
taif3.jpg


その後は、3人1組でチケットを取っているはずなのに、なぜか自分だけ違う列で一人に。半袖の格好で搭乗したため、途中から寒くて凍えたり、まだ食べてない機内食が2回ほどゴミ回収に来たCAさんに回収されたりと、瑣末な問題は発生したものの無事関空到着!

その後は実家へ行くもの、豊中組、吹田組で解散し、タイ旅行は終わりました。



今回の旅行及びその後の卒業式では、多くの方々と再会しました。半年から長い人は1年以上ご無沙汰していたのですが、みなさん変わらず接してくれて嬉しかったです。また、ヒロキを通じて色紙を受け取りました。目を通したら少し泣きそうになりました。
この場を借りて、駅伝同好会の皆さんに感謝の意を伝えたいと思います。ありがとうございました。大阪大学において楽しかった思い出の大半は駅伝同好会です。自分は大阪から離れますが、いつか再会して大学時代を振り返ることが出来たらいいなと思います。

ここまで、拙文を御覧頂きありがとうございました。

taif4.jpg

taif5.jpg
HOME NEXT