駅伝の広場

このブログは駅伝同好会のメンバー間の交流などなど、何でも使ってもらえればと思って設置しています。 メンバーのみなさ~ん! 記事の投稿、返信、ドシドシお書きください♪

夏合宿2017 3日目

2017-10-02-Mon-00:59
こんにちは~!!いっけーこと二回男子の池内です!
つるいさんに代わりまして、夏合宿最終日は僕が担当致します。めっちゃ日が空いてしまいすみません~m(_ _)m

前日の飲み会の熱気が冷めやらぬまま、三日目の朝を迎えました。。。
しっかり寝た人やいっそオールしちゃった人といろいろいましたが朝は無慈悲にやってきますね。

僕ですか?半端に寝たせいで眠くてしゃーなかったですよ、ほんまに。笑


さてさて、三日目はですね、今年の夏合宿最大の目玉といっても過言ではない
ラフティング
の日でございます!!!

ん?ラフティングって??

正直自分もよくわかってなかったですが、簡単に言えば
ラフトっていうボートに乗って急流下って楽しむスポーツ
ってところです(^^)

いやいやいやいやいやいや急流下るとか怖いじゃん、危ないじゃん、絶ッッッ対楽しくないじゃん、、、、、、、、、





Image_0a46f74.jpg


どちゃくッッッそ楽しい~~~~!!!!!!!


緩やかな流れの時はみんなで漕ぎつつ、近づいてきた他のラフトに水をかけまくり(写真からは想像もつかない攻防戦がry)、
Image_5bfba9b.jpg

急流はジェットコースターを思わせる感覚でスリル満点…!!
Image_a9c20da.jpg

そして中簡ポイントでは、高い岩場からの大ジャンプ!!爽快で気持ち良かったです!
Image_518bcb5.jpg

Image_424fe88.jpg

また別ポイントでは、ラフトから降りてみんなで集合写真(^^)
Image_9ab32ec.jpg


全部で1時間半くらい乗っていました。
もうとてつもなく楽しかったですが、これ以上は言葉にできません。。。
それは写真の皆さんの表情を見れば一目瞭然、語るに落ちるというものです(ブログで語らんでどないすんねんというツッコミはさておき…)

このあとは着替えて帰路に着き、阪大で無事解散いたしました。


最後となりましたが、合宿係の皆さん、楽しい合宿をありがとうございました。ほんまにめちゃくちゃ楽しかったです!!!


また駄文にもかかわらず最後まで読んでいただきありがとうございました。


では、この写真で夏合宿ブログを締めくくりたいと思います。
やっちーで、エセインスタデビュー。
Image_cca6310.jpg




スポンサーサイト

裏合宿2日目

2017-09-29-Fri-00:39
みなさんこんにちは!最近早寝早起きがマイブームの大石です。
実は今回が初めてのブログ担当です!というかブログを書くこと自体人生初です。
というわけでブログのブの字も分からないまま書かせてもらいますが、ざっと目を通していただけるとありがたいです。クオリティーは期待しないでください(笑)。

さて今回僕が担当させていただくのは9月11日の裏合宿2日目です。

まず朝7時に阪大坂下の集合し、箕面の滝まで走りにいきました。参加者は3回生片岡、
近藤、2回生永瀬、舛形、山崎、四方、やちこ、大石、1回生さこ口、西尾、梶本(敬称略)の計11名です。みなさん前日の裏合宿1日目で走りこんだこともありどこか元気がありません。
裏合宿 1日目_170929_0010


やちこ「俺4時間しか寝てないから今日無理だわー」
山崎「筋肉痛やべー」
とは言うものの休憩なしで快調に飛ばし、箕面の滝へ続く道の入り口(ここからは4キロほど上り坂が続きます。はい..4キロです..。)で片岡さんが、滝まで1.2キロ地点で筆者が集団から引き離されます。

ここで筆者はハイキングモードに切り替え、片岡さんと仲良く滝までたどり着きました。
滝に着くと先に到着した9人組がすました顔で待ってくれてました。聞くと全員が最後まで走りきったとのこと。
皆さんさすがです!

もちろん記念撮影!
裏合宿 1日目_170929_0012

箕面の滝、いつ来てもめっちゃ綺麗です!

この後来た道を阪大まで戻ります。

やちこ「俺4時間しか寝てないから今日無理だわー」
山崎「筋肉痛やべー」
とは言うものの阪急箕面駅(ここから電車に乗れば石橋まで生還できる)には見向きもせず、せっせと阪大まで走って帰ります。

帰路は疲労もピークに達し、片岡さん考案のしりとりも不発に終わります。

やっとの思いで阪大坂下までたどりつき、ここで一度お開きとし、けいどろの参加者は10:30に池田駅に集合することになりました。


池田駅に集合したのは3回生片岡、2回生大崎、永瀬、四方、清水、やちこ、山崎、大石、1回生梶本(敬称略)の計9名です。池田駅から五月山公園を目指して坂をひたすら登ります。

けいどろは全員にとって今までで一番過酷なけいどろとなったことは間違いないですが、とても楽しかったです。
裏合宿 1日目_170929_0016

けいどろも終わったところで裏合宿最後のメニューということで池田市民プールに泳ぎに行くことになりました。ところがここでプールで泳ぐにはスイミングキャップがいることが発覚!一度坂を下りて買いにいくことに,,,。筆者は自転車を持っていたのですが瀕死の状態だったため断念。永瀬と山崎に買ってきてもらうことになりました。
二人ともありがとー!

プールではがっつり泳ぐ人、歩く人、上から見学する人(大崎)とそれぞれ思い思いの時間を過ごし、最後はプールサイドにあったジャグジー付きのお風呂にゆったりとつかりリフレッシュしました。
裏合宿 1日目_170929_0015


そして皆さんおなかの減り具合がピークに達したところで お待ちかねのランチタイムです。
場所は永瀬おすすめの一風堂です。着席しメニューを見ていると永瀬がなにやらゴソゴソ。そして某マンガキャラクターのごとく取り出したのはなんと替え玉無料券。この券で全員の替え玉もしくはトッピングが無料に!この瞬間この日のMVPは永瀬に決定いたしました。

ラーメンはとても美味しく、山崎は替え玉を2.5玉完食するなど駅伝の大食いキャラを遺憾なく発揮してくれました(笑)。
裏合宿 1日目_170929_0013


こうして一風堂で有終の美を飾り、解散となりました。

筆者は2日間ほど重度の筋肉痛に悩まされましたがとても充実した裏合宿となりました。

みなさんお疲れ様でした!

裏合宿1日目

2017-09-16-Sat-18:49

こんにちは、一たび合宿にいけば数日分のコミュ力を使い果たしてしまう、一回生の梶本です笑

今回は裏合宿の1日目を担当します!


9/10日、裏合宿1日目がスタート!

(⌒▽⌒)


今回のメインは、豊中キャンパスのいつものコースでの30キロ走です。



16時ごろに宙前に集合し、それぞれ準備を済ませ走り始めました。
S__71868421.jpg



どんどんペースを上げて行く人、コンスタントに走る人、ペースが落ちてしまう人などさまざまでした。




僕個人としては、最低20キロと思っていたのですが、皆さんに離され、心身ともに砕け散り6周でダウン…( ; ; )

長い距離を走ったことがなく、練習が必要だなと感じました。



それに比べて先輩たちは悠々と走っていました。特に近藤さん…圧巻です。はやく追いつきたいです。


19時まえ、徐々に走り終わったひとが増えてきました。




終わった人からシャワーを浴びたりしたのち、サイバー横に全員が集まったところでBBQを始めました!
S__71868423.jpg


永瀬さん…火を起こすのが上手すぎる!


みんなで肉を食べながら談笑していると…



新たな参加者、ゴキちゃんが乱入してきましたΣ(゚д゚lll)

どれだけ追い払ってもどんどん出てきます




地面に置いていたいくつもの皿が犠牲になりました。

サイバー横で食事をするときは気をつけましょう!

最後に焼きそばを食べ、片付けも終えると

すっと解散しました。


自宅生は下宿生の家に泊まったりして、翌日に備えます。



1日目は、これで終わりです。

普段話さない人とも話せたりして、楽しかったです!

裏合宿0日目

2017-09-16-Sat-12:52
最近涼しくなってきて、夜になると肌寒くなってきましたね。それでも昼は30度越えと暑い日も多く、秋の訪れをしっかり感じ取れるはもうちょっと先かなと考えたりもします。







こんちゃ!片岡です。
今回は裏合宿の一部と称して、愛媛県にある西日本最高峰の名山、石鎚山に登って来ました。


シンプルに登山したかった、足腰鍛えるため、色々登ろうと思った理由はありますが、1番はリベンジということですかね。というのも僕が中学生の時、遠足で石鎚山に登りにいったのです。片岡少年、若気の至りで班行動が出来ず、先々山を登っていき、遅い子をおいて山頂へ向かいました。そして、頂上の2歩手前にて頂上で待ち構えていた先生に「班全員が揃わんと頂上には行かせん」と言われ、ストックでしばかれ(今なら問題になるかもしれないが、当時はまだそんな風潮はなかった)、追い返されたのです。片岡少年は山頂から10mほど下のところで昼飯を食べ、そのまま下山となりました。この経験から班行動の大切さを学んだのです…



と前置きは長くなりましたが、あの時果たせなかった登頂へのリベンジというわけなのです。

春休みにも計画しましたが、残雪のため断念。というわけで再びメンバーを募り、アタックとなりました。




ここで、この登山の我がパーティーを紹介。

M1 永田さん 誘ったら来てくださるフットワークの軽さはナンバーワンの先輩。
20170908_170909_0121.jpg


B3 わい 筆者にして今回の企画者。0泊3日とかいう鬼畜なスケジュールを錬成した。
20170908_170909_0079.jpg



B2 山崎 筆者のどんな小ボケにも反応してくれる笑いのツボの浅さに定評。
20170908_170909_0076.jpg


B2 のぞみちゃん 女子大生ばなれした運動神経と体力を持っている敏腕カメラマン
20170908_170909_0057.jpg


B2 S.なお 全体ラインに投下して唯一連絡くれたので、筆者涙出そうです。笑
20170908_170909_0104.jpg


B2 寺ちゃん Sなおさんに誘ってもらった。駅伝では登山キャラとして売っていきたい模様。
20170908_170909_0167.jpg




この6人での登山です。


愛媛への交通は夜行バスを利用。日帰り登山の予定だったので。登山開始を朝にする必要があり夜行バスの選択でした。



朝6時 伊予西条駅着。僕以外は愛媛初上陸だったようです。石鎚山のロープウェイ前までのバスの始発まで、ジョイフルにて朝食アンド休憩。

バスに揺られロープウェイまで移動。ロープウェイを使わなければ片道7時間はかかります。今回は迷わずロープウェイを使用。


朝9時 ロープウェイ着。見てくださいこの趣!
20170908_170909_0150.jpg



一気に高度1300mまで登ります。天気は快晴。絶景が早くも広がります。
20170908_170909_0145.jpg




ロープウェイから降りるといよいよ登山開始。




最初は神社にて安全祈願。
20170908_170909_0137.jpg




前夜は雨だったようで、地面はところどころぬかるんでます。足元に気をつけながら、進んでいく。
20170908_170909_0122.jpg

20170908_170909_0134.jpg




さぁ、3分の1ほど進んだところで石鎚山の醍醐味である鎖場に到着。石鎚山には試しの鎖、1.2.3の鎖と計4つの鎖場と呼ばれるポイントがあります。


最初は試しの鎖ということで全員で鎖にチャレンジ!

すいすい登っていく永田さんとのぞみちゃん。

苦戦しながらもSなおさんと寺ちゃんも登ります。ナイスファイト。
20170908_170909_0009.jpg




登り切ると360度大パノラマの絶景が!!!
20170908_170909_0109.jpg



ここでまず記念に1枚。
20170908_170909_0112.jpg

無事試しの鎖をクリア。




ここから登りがきつくなり始めるも、リズムよく登っていきます。

続いて第1の鎖に到着。鎖はもう懲りましたという寺ちゃんと筆者を除く4人は鎖を、2人は迂回ルートで進みます。普通に迂回ルートの方が早かったです笑
20170908_170909_0056.jpg



第2、第3の鎖もそれぞれ余力のある人ない人で別れて登っていきます。
20170908_170909_0062.jpg



登り続けること約3時間半、、、念願の、頂上!!!


素晴らしい景色、絶景、ビューティフル、ワンダフル、エクセレント。
20170908_170909_0046.jpg

20170908_170909_0027.jpg


山頂でももちろん記念撮影
20170908_170909_0030.jpg



ここからエクストラステージ的な感じで、天狗岳と呼ばれる最高峰地点へのチャレンジです、寺ちゃんは休憩しときますとのことで5人でチャレンジ。
20170908_170909_0036.jpg
この写真の岩の先っちょです。



足を滑らしたらすぐにあの世へ逝けます。
20170908_170909_0047.jpg

20170908_170909_0068.jpg



途中あの感情がないことで有名な永田さんに「これはやばい」と言わせるポイントもありました笑。確かに風が強く怖かったです。
20170908_170909_0039.jpg




細心の注意を払いながら、なんとか5人とも石鎚山最高峰天狗岳へたどり着きました。はい、チーズ
20170908_170909_0001.jpg



天狗岳からもどり昼食。頂上で食べるサンドイッチは至高。




帰りのバスの時間もあるので、30分ほど休んで下山開始。下りは足にきますが、それでも楽チン。
20170908_170909_0092.jpg

20170908_170909_0024.jpg




登りの半分ほどの時間で下山できました。神社付近の売店で甘味をいただきました。かき氷ソフト。
20170908_170909_0023.jpg




再びロープウェイとバスを乗り継ぎ、伊予西条駅へ。


その後は駅近の温泉へ。最高かよ。

そこの食堂でついでに晩御飯を食べました。500円にしてあのボリューム(写真はない笑)、非常にアドでした。


結局帰りの夜行バスの時間まで、温泉で過ごし、夜行バスで帰阪。




大阪へ到着。午前5時半、解散。(のぞみちゃんはバスに荷物を忘れ、梅田待機となってしまいましたが笑)



とにかく無事怪我なく終えられてよかったです。大自然と達成感を感じたい方、登山おすすめです。



読んでくれてありがとうございました。

2017年冬合宿 後編

2017-03-28-Tue-00:46
2017 冬合宿
のぞみちゃんに変わりまして、4.5日目を担当します一回生の池内です!
遅くなってすみません!

さて4日目、楽しい宴会の次の日でございます!

前日の天気予報では夜中からずっと雨のはずでしたが、朝は曇っているだけで雨は降っていませんでした。

ただ、夜は降っていました。
そのためか空を見ると、、、

Image_rainbow.jpg

虹が出ておりました!!

================================

筋肉痛でバッキバキだった体も徐々に慣れ始め、初心者組はいい感じに滑れるようになってきました~(*^^*)

コノハからのターン、そしてS字…

派手に転けることも少なくなってきて、
「スノボって、たーのしー!」
とかなってきた将にその瞬間でした。


「よっしゃ!!山頂から滑るか!!!!!」





ichigo_1.jpg



満面の笑みで、そう緑さんは言ったのでした。

====================================

屈託のない笑顔からの発言の後、
いくらか滑ると山頂へ続くリフトにたどり着きました。




リフト入口には
【初心者お断り】
の看板が…

|゚Д゚)))ヒエエエエエエエエエ



躊躇のない先輩方に続いてリフトに乗りました。

リフトがだんだん高くなり、斜面の勾配がキツくなるにつれて後悔の念が徐々に押し寄せてきました…
さながら、初めてジェットコースターに乗ったときの、死さえ覚悟した、あの心情のようでした…


山頂にたどり着くとそれはもう、吹雪いて吹雪いて。。。一寸先は白銀で、「ほんまに滑って大丈夫かいな」とめちゃめちゃ不安になりました。


これらの予想をはるかに超える事態の連続に、かなりビビり倒して、死ぬかもとか思いながらも、無事に下りきったときは、本ッッッ当に爽快でした!!

「ビビってたくせに!」と思った方もおられるでしょう。
ビビってたのは事実ですけど、
楽しかったのも事実ですので!笑

==================================

そして、スキー組と合流して少し滑った後ホテルに戻り、夕食にケバブを食べに行きました!

Image_kebabu.jpg
Image_kebabu2.jpg


めちゃくちゃ美味しかったですヽ(*´∀`)ノ

その後、荷物を持ってバスに乗り込み帰路に着きました。

発車した瞬間みんな爆睡でした。笑

=====================================

ラストに、みんなの写真を一枚!
Image_sunobo1.jpg



最後となりましたが、企画して下さった先輩方本当にありがとうございました。緑さん、指導の方もありがとうございました。


これにて2017年冬合宿の記事を締めさせていただきます。
駄文にもかかわらず、最後まで読んで頂きありがとうございましたっ!

HOME NEXT