駅伝の広場

このブログは駅伝同好会のメンバー間の交流などなど、何でも使ってもらえればと思って設置しています。 メンバーのみなさ~ん! 記事の投稿、返信、ドシドシお書きください♪

ソウル遠征4日目!

2016-03-24-Thu-14:55
こんにちは、マラソンの難しさを痛感しています。2回の大川です。

いよいよソウル最終日!

朝は8時に起床。
昨日の疲れもあり、みんなぐっすりねむれたようです。

動かない足に鞭を打ち、9時半にホテルを出発し明洞へ
ホテルを出てタクシーを捕まえようとするが、"明洞まで"と運転手に伝えると、断られる…
それもそのはず、明洞までは1kmほど。そんな短い距離では初乗り運賃でついてしまうのです。
足がしんどいから乗せてほしいのですが、仕方なく明洞まで徒歩で移動しました(笑)

結局3日連続で明洞に行くことになりました。明洞はとにかく何をするにも便利なところでした。
その後、各自で明洞や南大門市場でお買い物。

ぼくは南大門市場で韓国のりを買いました。店のおばちゃんとその息子さんが日本語が上手でした。息子さんは東京に2年ほど住んでいたことがあるそうです。自分が息子さんに似ているということでとてもサービスしてくれました。


そのあと南大門を見物。なかなかの風格。

4day4.jpg



足にかなりダメージのある匠と片岡は近場でお菓子やのりを買っていました。
ひろきは化粧品をたくさん買っていました。さすがです。



お昼に石焼ビビンバを食す。辛さはちょうどいい。余ったウォンを円に替えてホテルへ


13時に預けていた荷物をうけとり、空港に向けて出発
ついに魚のにおいともお別れ


空港へ向かう車内では疲れてみんな眠ってしまいました…笑



4day1.jpg



17時頃に飛行機に乗りました。空港内の移動がしんどい…
さらば、ユーラシア大陸!

4day2.jpg

4day3.jpg


空港に着くとそこで解散。
それぞれの家に帰りました。

4人とも初海外で、序盤はいろいろとハプニングがありましたが、4日間とても楽しめたと思います!

旅の計画を立ててくれたひろき、ありがとう!
スポンサーサイト

ソウル遠征3日目!

2016-03-22-Tue-23:31
アンニョンハセヨ、3日目を担当します、ソウルで散髪し若干韓国人っぽくなりました片岡です。

さていよいよソウル国際マラソン当日です。僕が今回韓国にやって来たのは他でもない、このソウルでフルマラソン3時間切り、すなわちサブスリーを達成するためです。僕と共に匠さんも4度目のサブスリーチャレンジです。

僕たちはサブスリーを達成するために1つの作戦を立てました。それはズバリ「飛ばしすぎない」です。サブスリーとは1キロ4分16秒で走り続ければ達成できるのですが、やはり最初は飛ばして1キロ4分とかで入ってしまい、それで後半爆死…(T ^ T)
こんなレースを経験してきた匠さんの意見を聞き、今回は1キロ4分10秒前後、5キロを21分で通過していくというプランを立ててレースに挑みました。

当日の天候はよし、風もない、コースも平坦、カーボローディングも完璧。人事は…尽くした。果たして2人はサブスリーおじさんになることができるのでしょうか??


当日は5時に起床。朝食を済ませ、いざ出発。スタート地点までは歩いていける距離の宿をとっていたので安心でした(^-^)/

アップを済ませ、手荷物を預け、スタートラインへ。韓国アイドルの応援を聞きながら午前8時05分、男達の闘いが始まった。。。

3day1.jpg


最初の1キロを4分20秒で通過。あれ?抑えすぎたか…まぁでも人が多くて走りにくいし気にしない気にしない!


さて5キロ通過は20分43秒。ちょ、ちょっと速い。この僅かなオーバーペースが後々効いてくるのは百も承知。匠さんと声をかけ合いペースを落とす。


続く10キロまでの5キロ…21分ジャスト。グッッッッドーーー!よしこのペースを維持するぞ。

12キロ過ぎ。体が温まってきたのか匠さんがペースアップ。飛ばさないって声をかけあっていたのに。ついて行くか行かないか迷った末、ここは自分のペースを守ることに。


そしてこのままのペースを維持したまま走っていると、25キロ過ぎで「3:00」の風船をつけて走るペースメーカーを発見。よし、追い抜こうとここでペースメーカーを追い抜く。


30キロ通過。ここでエイドのチョコパイをいただく。うん、食べづらい、食べづらいぞ。これは完全なミスだ。ふた口食べたところでチョコパイにバイバイ。

30キロ地点でもまだペースは落ちていない。しかし、30キロを通過するとやはり足が重くなってきた。やばい。が、ここからが本当の勝負。


35キロを通過、この5キロ21分20秒と若干ペースダウンするもサブスリーが見えてきた。
腕に巻いていたジェルを摂取。よし、ラストスパート!
(*このあたりで思う駅伝あるある 「あと豊中練2周ちょいや…」)

36キロ過ぎ、ついに匠さんを発見。そして追いつくも匠さんかなり苦しそう。「サブスリーしましょう」とお互いに声をかけ、健闘を祈り合う。


40キロを通過。この5キロ21分38秒。ペースダウンは最低限に抑えたものの苦しい、苦しすぎる。もうマラソンなんて2度と出ねぇ、足が逝きそう。
でも、あと2.195キロ。ここからは気合だぁぁぁーーーーー!!


41キロ過ぎ、ゴールの競技場が見えてきた。ゴールが近づくにつれ応援も多くなり、謎のペースアップ笑。競技場に入り、トラックを一周しついにゴール!!

タイムは、、、


2時間57分56秒!!!

サブスリー達成よっしゃあぁぁーーーーーー


と無事サブスリーおじさんになれました。こんなに嬉しかったのは大学合格以来でしょうか笑笑
またマラソン出ようっと!

さて、先輩方は、
ヒロキさんもサブスリー←流石です。
匠さんは…惜しくもサブスリーならず。秋の神戸でリベンジするそうです。
大川先輩は30キロ過ぎに足をつったみたいで35〜40キロの5キロは1時間以上かかったみたいですが無事完走。


ゴール後は全員+謎のおじさん(いきなり話しかけてきたおじさん)で記念写真をパシャり。

3day2.jpg


(その後おじさん抜きで写真を撮ったんですが、なぜか保存されてなく結局ゴール後の僕たちだけの写真はありません泣)

そしてマラソン後は温泉!ということで「ドラゴンヒル」というお風呂へ行きました。お風呂に入ったあとは韓国名物の「ピンス」というかき氷を食べました。これにはヒロキさんも大満足だったようです。

3day3.jpg


先輩方お疲れですね󾭙

3day4.jpg



その後は晩ごはん。夜はやっきにっっくーー!と、決めていたので焼肉を食べに行きました。

マッコリで乾杯!

3day5.jpg


うまい、うまい、と疲れた4人は淡々と食べました笑。焼肉はサブスリーのご褒美にと匠さんがご馳走してくれました。ありがとうございます(*^^*)

3day6.jpg


さて、2軒目へ、と思いましたが、僕の足と体力が限界を迎え宿に戻りました(先輩方申し訳ないです)

帰りのタクシーで明らかな遠回りをされてタクシー内は変な空気になりましたが笑、無事宿に到着(まぁ運転手が遠回りしなければ初乗り料金で到着していました笑。その距離をタクシーで移動…お察しください)

宿でも少しお酒を飲み、疲労がピークになったところで就寝。

もう本当に疲れました。その夜は爆睡でした笑


以上3日目でした。読んでくださりカムサハムニダ。

ソウル遠征2日目!

2016-03-22-Tue-16:58
2日目
3時間2分、3分台はもうサブスリーとして扱ってあげてほしい2回の伊藤匠です。
サブスリーができるか、できないかこの時点では決まっていません。
結果は聞かないであげてください。

この日はあんまり早起きせずに8時ぐらいに起きました。
午前中は歴史的な建物を見て、その後明洞へ行って買い物をしました。
ファッションに対する興味がほとんど無い片岡君と僕は一緒に、何も買わずにフラフラしてました。
2日目_5576

その後、お昼ご飯に僕は参鶏湯を食べました。
とても、量が多くてお腹いっぱいになりました。
それから、マラソンの受付をしに行きました。

EXPOは思っていたより、しょぼかったのでそこでも何も買いませんでした。
受付を終えると、ホテルの近くに戻りました。
そこで片岡君が、日本円で350円ぐらいの店で散髪をして韓国人に一歩近づいていました。

そして、来年のミス駅伝を狙っている拓紀に、小顔マッサージを施してもらうため、また明洞に行きました。
タクシーで行ったのですが、途中で運転手が携帯で電話し始めてヒヤヒヤしました。
拓紀がマッサージしてもらっている間、大川、片岡の3人で屋台をまわっていました。
そこで、長いソフトクリームを食べました。

美味でした。
その、アイスクリーム屋さんの名前が32で際どいなと思いました。





拓紀がマッサージを終え、顔が引き締まったあと、晩ご飯にトッポギを食べました。

美味しかったのですが、少し舌をやけどしました。
そして、またタクシーに乗ってホテルに帰りました。
やっぱり運転は荒いけど、安いです。
ホテルに戻って、シャワーを浴びた後、22時ぐらいに寝ました。

この2日目を振り返ってみて、気づいたことはサブスリーをするには、前日に韓国人に近づくか、美しくなる努力をする必要があるということです。
それを怠った僕の結果はどうだったのでしょうか。
3日目の片岡君に続きます。

ソウル遠征1日目!

2016-03-22-Tue-16:06
こんにちは!
準ミス駅伝でお馴染みの2回の中村です😆💕

3月18日12時僕たちは韓国へ向けて飛び立ちました。
目的は...ソウル国際マラソンです!

仁川国際空港につくと、周りは女性ばかり。そりゃ、マラソンでもない限り男4人でソウルは来ないよな...。
(マラソンあっても来ないか?)


その後ゲストハウスへ。行く途中、片岡が地下鉄の改札でミスり出られない事件が発生。

1日目_1727

ゲストハウス周辺は謎の露店や、声のでかいおっさんが多くて怖かった...😭
ゲストハウス前には大量の魚を焼いている店があり、すごい煙の量で通っただけで臭いがつくレベル。
なんか思ったより日本と違う雰囲気。


ゲストハウスは一人一泊2000円の激安。一体どんな所に入れられるのかヒヤヒヤしてたけど
割と普通....

1日目_9671

いや、二段ベッドの柵無いやん!!
これ寝相悪い人落ちるやろ!


ゲストハウスを後にして両替へ。この道中3500W(約350円)の散髪屋を発見。(これについては二日目に書きます。)
両替所のおっさんに興奮したのか、匠が鼻血をだし、少しの間ティッシュ指したまま移動。

1日目_2656


そして、韓国の危険な道を進みつつ、晩飯へ!!(めっちゃ運転荒いです。赤信号で発進してきます。)
カンジャンケジャンです!!
1日目_8158

昼ごはんをまともに食べておらず腹ペコな僕たちはただ黙々と食い続けます。
なんやこれ、めっちゃうまいやん!

そしてサイドメニューのキムチ。
辛っ!喉が焼けるくらい辛い😭
口直しにスープを...ってこれもめっちゃ辛い!よく見たら唐辛子入ってるし!!


まだ、お腹の膨れない僕達は2軒目へ。
ビビンバや冷麺でカーボローディング!
何故か大量に出てくるサイドメニュー。
ここも辛い!

1日目_5479


その他にも、コンセントに電圧合わないプラグ指して爆発音がなったり、
お金が下ろせず大川の所持金が5000円しかないなど、早速韓国の洗礼を受けた僕たち。
この予想外の環境で無事明後日マラソン走れるのか!?
二日目に続きます!

東京マラソン~後編~

2016-03-04-Fri-16:21
片岡君からバトンタッチを受けた2回生の船津です。

2月28日、いよいよやってきました東京マラソン2016当日。
朝、目覚ましを5時にセットしていたのですが、緊張しいの私は目覚ましが鳴る前の4時半に起床。
数日前から、緊張のためか食べ物を体に入れると必ずおなかが痛くなっていた私は、さんざん悩んだ末、飲まず食わずでフルマラソンに臨むことにしました。

朝7時に永田先輩、片岡君と赤坂駅に集合することにしていたため、赤坂駅で待っていると、向こうの方からわくわくした顔のコリラックマと、その後ろを少し離れて歩く永田先輩がやってきました。笑
その様子を写真に収めておけばよかった!とにかく癒されました。
tokyo1
電車に乗り、都庁に向かう途中、当然のことながらコリラックマは注目の的でした。
コリラックマはすでに電車の中で暑いと言っており、気温が上がる予報が出ていたため、大丈夫かなと少し心配になりました。
都庁に近づくにつれ、ランナーと思われる人が増えてきて、本当に始まるんだという実感がわいてきました。

西新宿駅で降りた後、私は入場ゲートが二人と異なったため、すぐにお別れしました。
入場ゲートでは、テロ対策の手荷物チェックがありました。

tokyo2

手荷物チェックを受け、スタート会場に入ると、熱気むんむんで、テレビ局のスタッフがあちらこちらに見えました。
テレビでオリラジの藤森さんが出場すると聞いていたので、見渡してみたのですが、さすがに見つけられませんでした。

一週間前に京都マラソンを走っていた私は、制限時間7時間といえども関門を気にしなければならないコンディションだったため、すぐに手荷物を預け、スタートブロックに並びました。

開会式があり、車いすランナーのスタートがあった後、いよいよマラソンがスタートしました。スタート時には紙吹雪が舞ったようです。

tokyo3

私のいたJブロックには、2~3枚しか舞ってこなかったため、私は一瞬、本当に桜が散っているのかと勘違いしてしまいました。笑

走り始めると、沿道の応援の人の多さに驚きました。
また、自分が日本の中心地の道路を走っていることに不思議な感覚を覚えました。
上を見上げると、大きなビルの窓の向こうから手を振っている人たちもいました。

tokyo4

最初は下り坂が多く、少しスピードを出してしまいました。(新幹線で後ろの座席の見知らぬおっちゃんからアドバイスをもらっていたのに。)
10km地点で速くも、先週痛めた足に違和感を感じ始めました。
痛くなるとは思っていたのですが、想像以上に早く来てしまったため、これはやばい、まだ30km以上もあるのにと思いながら走りました。

20km過ぎたころから膝が危なくなりました。
向かい側のコースをちらちら見ながら走っていると、永田先輩を見かけました。
先輩はすでに残り10kmを切っており、うらやましくなりました。

tokyo5

30km前には走っては歩き、走っては歩きというつらい状態になっていました。
このとき、厚切りジェイソンが横を追い抜いていきました。
きついはずなのに、沿道のボケにもきちんとツッコんでおられました。
さすがはプロだなと思いました。

35kmくらいが一番苦しかったのですが、沿道から東京マラソンで走れるなんて、とても幸せなことだよ、とか、楽しい東京マラソンもあと少しで終わってしまうよという声をかけてもらい、ほんとにそうだなと思い、頑張って前に進みました。
そしてなんといっても応援してくれる子供たちがかわいかったです。

40kmを過ぎると、また応援が多くなり、ゴール地点も見え始めました。
膝が怖かったのですが、歩くのと変わらないようなスピードで走りました。
最後の上り坂が地味にきつかったです。

とうとうゴールにたどり着き、計測チップのピピッという音を聞いたらほっと一安心しました。

tokyo6

はじめて一週間で2本もフルを走ったこと、朝ごはんが食べれなかったことでスタート時にはかなり不安がありましたが、走りきることができてとてもうれしかったです。
次回、いつ当選できるか分からないけれど、また出たいと思いました。
応援してくださったみなさん、本当にありがとうございました。

永田先輩、片岡君と合流して写真をとった後、会場を後にしました。

tokyo7
食欲がわかなかった私は直接ホテルに帰ったのですが、二人は焼き肉を食べに行くと言っていました。しかし、結局またもや麺類を食べたようです。
tokyo8
片岡君の書いた記事を読んだ方はお分かりかと思いますが、二人のここ数日で食べた麺類の量は異常です。笑

そんなこんなで、私はホテルに帰ってゆっくりしていたのですが、片岡君からさらっと衝撃的なラインが送られてきました。あちらではハプニング起こっていました。

東京マラソン以外のところでもいろいろありましたが笑、とても楽しい二日間でした。
永田先輩、片岡君ありがとうございました。
もんじゃもごちそうさまでした。

東京マラソン ~前編~

2016-03-02-Wed-23:13
こんにちは、初めて投稿させていただきます。人間科学部1年の片岡です。

春休みはみなさんいかがお過ごしでしょうか?僕は寝る→走る→バイトというつまらないルーティンで生活しております。

さて、そんな僕ですが幸運なことに、とてつもない倍率(11.3倍らしい)を乗り越え、東京マラソンに当選したため、大都会東京を走ってきました!メンバーは永田先輩、船津先輩、僕の3人です。今回の東京マラソンはリオ五輪の選考会を兼ねているようなので一応狙ってきました←ムリでしたww

僕たちの東京マラソンは大会2日前から始まりました。僕と永田先輩は横山先輩と共に「歴史を刻め」にカーボローディングがてら行ってきました。僕らはラーメン並全マシとやらを頼みましたが、これがなかなかのボリュームで、もう満腹。服にキョーレツなにおいを染み込ませてしまいましたが、ばっちりカーボローディンングできました☆
1456926983960.jpg


さあ 東京へ出発ーー!

翌朝、僕と永田先輩は始発のこだまに乗り込み東京へ向かいました。行きの新幹線のなかでSASUKEの応募を済ませ(当選してくれ)、東京へ到着!! 宿に荷物を預け、昼食を食べに友人にリサーチしておいた油そばの店「ぶらぶら」へ。店内が静かすぎて緊張しましたが笑、美味しく完食。
1456926985231.jpg


次に「蒙古タンメン中本」なるラーメン屋へ。僕は「蒙古タンメン」、永田先輩は「北極」というラーメンを食べました。下の写真はその「北極」です。
1456926987013.jpg1456926988723.jpg


味の感想は永田先輩に聞いてください。もちろん完食してました。さすがです。

さ、東京でもたっぷりカーボローディングしたところで船津先輩と合流し、受付会場へ向かいました。(ところで東京の地下鉄では会話してはいけないのでしょうか? 受付会場へ向かう電車の中で話しているのは僕らだけで若干白い目で見られました(°_°))
そんなアウェーな電車を乗り継ぎ、ようやく受付会場へ到着。受付を済ませた後、そこで行われていたマラソンEXPOでテンションが上がった僕は腕時計や靴下や帽子を購入。先輩方、お待たせしてすいませんでしたm(_ _)m
145692698.jpg


その後は月島へもんじゃを食べに行きました。普段自炊はしない僕ですが、なんとかもんじゃをつくることができました。美味しかったのは言わずもがな。
1456926990975.jpg


その後は宿に戻り翌日に備え早めの就寝。日付が変わる前に布団に入ったのはいつぶりでしょうか笑

初日のブログは食べ物ばかりになってしまいましたが笑、一応マラソンしに行きました……

翌日のマラソン当日については船津先輩にバトンタッチです。

読んでくださりありがとうございました(*^^*)
HOME