駅伝の広場

このブログは駅伝同好会のメンバー間の交流などなど、何でも使ってもらえればと思って設置しています。 メンバーのみなさ~ん! 記事の投稿、返信、ドシドシお書きください♪

2017年冬合宿 後編

2017-03-28-Tue-00:46
2017 冬合宿
のぞみちゃんに変わりまして、4.5日目を担当します一回生の池内です!
遅くなってすみません!

さて4日目、楽しい宴会の次の日でございます!

前日の天気予報では夜中からずっと雨のはずでしたが、朝は曇っているだけで雨は降っていませんでした。

ただ、夜は降っていました。
そのためか空を見ると、、、

Image_rainbow.jpg

虹が出ておりました!!

================================

筋肉痛でバッキバキだった体も徐々に慣れ始め、初心者組はいい感じに滑れるようになってきました~(*^^*)

コノハからのターン、そしてS字…

派手に転けることも少なくなってきて、
「スノボって、たーのしー!」
とかなってきた将にその瞬間でした。


「よっしゃ!!山頂から滑るか!!!!!」





ichigo_1.jpg



満面の笑みで、そう緑さんは言ったのでした。

====================================

屈託のない笑顔からの発言の後、
いくらか滑ると山頂へ続くリフトにたどり着きました。




リフト入口には
【初心者お断り】
の看板が…

|゚Д゚)))ヒエエエエエエエエエ



躊躇のない先輩方に続いてリフトに乗りました。

リフトがだんだん高くなり、斜面の勾配がキツくなるにつれて後悔の念が徐々に押し寄せてきました…
さながら、初めてジェットコースターに乗ったときの、死さえ覚悟した、あの心情のようでした…


山頂にたどり着くとそれはもう、吹雪いて吹雪いて。。。一寸先は白銀で、「ほんまに滑って大丈夫かいな」とめちゃめちゃ不安になりました。


これらの予想をはるかに超える事態の連続に、かなりビビり倒して、死ぬかもとか思いながらも、無事に下りきったときは、本ッッッ当に爽快でした!!

「ビビってたくせに!」と思った方もおられるでしょう。
ビビってたのは事実ですけど、
楽しかったのも事実ですので!笑

==================================

そして、スキー組と合流して少し滑った後ホテルに戻り、夕食にケバブを食べに行きました!

Image_kebabu.jpg
Image_kebabu2.jpg


めちゃくちゃ美味しかったですヽ(*´∀`)ノ

その後、荷物を持ってバスに乗り込み帰路に着きました。

発車した瞬間みんな爆睡でした。笑

=====================================

ラストに、みんなの写真を一枚!
Image_sunobo1.jpg



最後となりましたが、企画して下さった先輩方本当にありがとうございました。緑さん、指導の方もありがとうございました。


これにて2017年冬合宿の記事を締めさせていただきます。
駄文にもかかわらず、最後まで読んで頂きありがとうございましたっ!

スポンサーサイト

2017年冬合宿

2017-03-13-Mon-14:27
2017年冬合宿、1〜3日目を担当します、一回生の舛形のぞみです!

今年の冬合宿は新潟県の赤倉スキー場で行われました。わたしにとって初のスノーボードということもあり、緊張しつつ、でもまあなんとかなるだろう…。というノリで参加をしました(実際なんとかなったかどうかは、また後ほど)。
1日目(出発の日)は、夜の9時ごろに夜行バスの乗り場に集合。そのまま、新潟県の赤倉温泉へと向かいました。

バス乗り場でパシャリ。

集合



合宿2日目。バスを降りた瞬間、そこに広がるのは純白の世界…。
となることを想像していたのですが、吹雪いて何も見えない(^_^;) なんとか吹雪の中荷物を旅館まで運びました。
着いた旅館でボードなどを借り、いよいよ滑り出します!
とは言っても、降り積もったフワッフワの雪が邪魔をしてなかなか進まず、午前中は立ってはこけ、立ってはこけの繰り返し。それでも午後は雪が固まってきたこともあり、コンディションが整ったので練習をしてなんとか木の葉が滑れるようになりました。

今回泊まったのはホテル太閤という、雪を眺めながら入れる温泉と美味しいごはんが付いた綺麗な旅館でした。合宿係の緑さん、ナイスチョイスです!滑っている時間よりも転んでいる時間の方が長かった私は、疲れすぎて9時に寝ました(-_-)zzz

合宿三日目。この日は快晴で、気持ちよく滑ることができました!
この日は、上級者組がジャンプの練習をする中、初心者組はターンをするという地味な練習に励んでいました。でもこれが、難しい!私は斜面の下方向に向けて何回も思い切り転んで、ゴーグルと帽子が吹っ飛ぶ始末。頭ごと吹っ飛ぶかと思いました(^_^;) 一方で、別の1回生の八千古嶋くん(やっちー)、池内くん(いっけー)は2日目にしてS字を滑れるようになっていました(別に悔しくはないです、全然!)。私も、うっかり転ぶと「何してんねーん!」と罵声を飛ばす緑コーチの熱心なスパルタ指導で、なんとか形になるまでは滑れるようになりました。

集合写真!
DSC_1730.jpg

さて、2日目の夜は緑さんプレゼンツの宴会が開かれ、チーム対抗のゲームで大盛り上がりでした。
絵を使った伝言ゲームでのお題は、例えば
エルモとか。
えるも

駅伝同好会の会長・鶴さんとか。
鶴さん

駅伝同好会の会長・鶴さん(?)とか。
鶴さん1
鶴さん2
鶴さん3
鶴さん4

絵心が試されるひと時でした。

以上、冬合宿1日目、2日目、3日目でした!ゲレンデではこけた思い出しかないですが、それもまた楽しかったです(^^)
今回合宿を企画してくださった緑さん、本当にありがとうございました!ここで、ちょっと緑さんの写真を並べてみます。

緑さん

…とまあ、静止している写真が一枚も見つからないほどアクティブな方でした(*^_^*)

ここで、夏の裏合宿に引き続き今回の合宿で可愛かったランキングベスト3!

3位 旅館でスマブラをしてはしゃぐ緑さん
2位 ジェスチャーゲームで太陽の塔の真似をするなおちゃん
1位 緑コーチが見ている時だけS字の練習をして、見ていない時はちゃっかりセグウェイのごとく木の葉滑りで滑っていくなおちゃん

なんと、なおちゃんの1・2位独占でした!

以上です!4・5日目は、同じく一回生の池内くん(いっけー)が担当してくれます。読んでいただき、ありがとうございました!

追記
ホテル太閤を選んだのは、田中さんと濱本さんでした(^_^;) 失礼しましたm(__)m

丸亀ハーフマラソン

2017-03-02-Thu-18:29
学部2回の近藤です。拓紀さん、片岡さん、櫻井さん、近藤の四人は2月5日に行われた丸亀ハーフマラソンに参加してきました。早速レース前日、当日の様子を振り返りたいところですが、その前に、諸事情により東京マラソンも終わり3月に入ってからブログを更新することになってしまい、更新を楽しみにしていた多くの方々を長い間待たせてしまったことに対して深くお詫び申し上げます。大変申し訳ありませんでした。では時間が空いて記憶が曖昧になってしまっているので、虚実交えながら楽しく振り返っていきたいと思います。

前日編
拓紀さんと櫻井さんは昼ご飯に香川県の名物うどんを食べて、その後あまりすることがなかったらしく、ホテルでテスト勉強していたそうです。片岡は久々に実家に帰ったということもありグータラ。私近藤は出発前少し走って万全の状態で岡山の友人の家に泊まらせてもらい有意義な時間を過ごしました。
S__37183508.jpg
おいしそー


というように前日はそれぞれ好き勝手に過ごしていました。
それでは短いですが前日編はこのくらいにしたいと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました。当日編は駅伝同好会会長でありサブスリーランナーの片岡くんが担当です。












と言うのはつまらない冗談で、当日編も近藤くんが担当します。どうぞよろしくお願いします。

当日編

当日は5時くらいに起きました。すると天気予報通り雨でした。テスト期間ということもあり、あまり練習できていない気がしていたので、ベストを更新できなくても雨のせいにすればいいか、と降雨を積極的に捉えるようにしました。やはりメンタル面の充実は走る上で重要な要素だと思います。

そして出発。岡山駅から電車に乗り瀬戸大橋を渡って丸亀駅に到着。10分後位に片岡が来ました。
片岡「最近あまり走ってないキロ4で行く。大迫傑が楽しみ」

とか何とか言っていました。いつになく弱気でした。

8時20分ごろ拓紀さんと櫻井さんが到着。そこで、おはようございます、と挨拶しました。

拓紀さんはいつも通りの引き締まった表情でした。拓紀さんとレース当日会うことは初めてで、これがこれから戦いに行く男の表情か、と思うと同時に自分も見習わなければならないと思いました。

櫻井さんは僕が練習に行ってない為、非常に久しぶりに会った気がしました。名前を覚えていてくれて嬉しかったです。


全員集合したところで、雨が降っていたこともあり片岡のお母さんに車を運転していただき丸亀競技場付近まで送っていただきました。

会場に着くと、すぐにゼッケン引き換えに行きました。片岡は地元であり、また去年も大会に参加していたということもあり、非常にスムーズに事を運ぶことが出来ました。

スタートまで時間が大分あったため荷物を置いた後もだらだら雑談をしていました。すると雨が止んで、風ほとんど無し、日差し無し、気温10度前後の最高の状況になりました。

スタート30分前になってアップを始めると体はまあまあ軽かった。記録がいいと言われている丸亀ハーフマラソンで最高のコンディション。これは記録を狙うしかない!

アップを終えスタートブロックへ。その後片岡と話しながらスタートラインへ移動中、拓紀さんと遭遇。三人ほとんど一緒にスタートすることになった。拓紀さんは僕達に最初どれくらいで入るか聞いてきたのでこれは狙ってるな、と思いました。

ここからはレースのため僕の事が中心になります。


1キロ
3分40秒で入る。

7キロくらいまで
淡々と走る。

7〜8キロくらい
神野、大迫、設楽など日本を代表するようなランナーたちとすれ違いました。おそらくハーフマラソンでこれだけのランナーとすれ違えるのはこの大会だけだけだと思います。片岡は「おおさこー」と叫んだそうです。

15キロ付近
高橋尚子さんとハイタッチ。
高橋さんは、ここが一番しんどいところ、と言っていたので、なるほど道理でしんどい訳だ、と思った。取り敢えずペースをキープしようと努める。

ラスト1キロ
ペースが落ちてきていたので自分に「男だろ!!!!」と言い聞かせてペースアップ。

ゴール
ベスト更新!

ゴール後は皆と合流して、着替えてサインをもらいに行きました。青山学院大学の田村選手にサインを貰えました。残念ながら鯛は釣れませんでした。
その後拓紀さんが豚汁を奢ってくれました。先輩とはどうあるべきか、優しさとは何か、多々学ぶ所がありました。

レース後は銭湯に行き、片岡の家で、録画してあったレースを見ながら、すき焼きをいただきました。非常好吃。お世話になりました。
S__23830531.jpg
たぶんこんな感じでした。

その後バスで帰りました。
もし拓紀さん、片岡、僕の3人でこの大会に出ていたら、恐らく殺伐とした雰囲気だったと思います。櫻井さんがいたことで楽しく過ごせたのではないか、と思っています。テスト等ある中参加してくれてありがとうございました。

最後になりますが丸亀ハーフマラソンは非常に良い大会です。自己ベスト更新したい、有名選手に会いたい、讃岐うどん食べたい、何でもいいので来年多くの人に参加してほしいなあと思っています。最後まで読んでいただきありがとうございました。


P.S
YouTubeで「2017 丸亀ハーフマラソン ゴール手前 スタジアム外」で検索していただくとどんな感じて走っているかが見れます。参考までに。
拓紀さん 31分55秒頃
片岡 37分30秒頃
近藤 30分15秒頃
櫻井さん 見つけれませんでした (T.T)
S__37183507.jpg
HOME