FC2ブログ

駅伝の広場

 このブログでは、大阪大学駅伝同好会の日頃の活動やイベントの報告をしています。 みなさ~ん! 記事の投稿、返信、ドシドシお書きください♪

福岡マラソン前半〜S.NAO編〜

2016-12-05-Mon-23:49
こんにちは!初めてブログに登場させて頂きます、B1の清水です。
福岡マラソンに出場してきたのでレポートします。
今回は私にとっての初マラソンでした。大阪、神戸と近場のマラソンに落選し、どうしようか……と思っていた時、福岡マラソン当選の知らせが届き、出場を決めました。

金曜日の夜。
夜行バスで梅田を出発しました。
バスの中は暖かいだろうからと薄着して行ったのに、、、、
暑い‼︎とにかく暑い‼︎
すぐにでも半袖半ズボンになりたいくらいでした。

2時間おきに止まるインターチェンジでは、お土産を見たり写真を撮ったりして楽しみました。
そして………………ついに!
土曜日の朝福岡に到着ーーー!

まず最初に行ったのはもちろん、かの有名な”穴”‼︎まだ工事中で、健在していました。

20161205194115747.jpeg

20161205230417c22.jpeg

そして、Joyfullで朝ごはんを食べました。
先輩方によると縦の看板は珍しいようで、記念撮影(^^)
ここで1日目の計画を立てました。
店から出たところ、まだマラソン受付開始まで時間があったので、ROUND1で太鼓の達人をしたり、ペッパーくんとお話ししたりして楽しみました。
実は、ほっしーこと細井君は太鼓の達人に没頭した時期があったようで、鬼レベルでもクリアしてしまう実力をもっていました。
ちなみに私はここでふなっしーの鬼レベを選んだことにより、腕に筋肉痛をかかえたまま翌日のマラソンを走ることとなりました。
2016120522180177b.jpeg
そして、マラソンエキスポです!
ここで明日の受付をし、ゼッケン、Tシャツなど様々なものを貰ったり、目標タイムと共に記念撮影をしたりしました。
目標タイムを制限時間ギリギリにするという、”ヒラリーさん方式”についてここで学習させて頂きました。
私も活用します。

さて、お昼ごはんはどこへ行くかというと…片岡さんが中学生の頃から行くのを夢見てきたという、パスタのお店、”らるきい”です!
あの王貞治さんが病院を抜け出してまで食べに行ったと言われる有名店だそうです!
この話を聞いた一同は期待を胸に膨らませ、開店前から列に並びます。
人気NO.1メニューのペペタマを5人仲良く注文しました。
さて、お味はというと……
”おいしい!!!”最初は。
しかし、半分を過ぎた頃から、
(あれ、、、味濃いな、?、、?あ、
ちょっと量多いな、、、)と思いながらひとまず完食。
店を出てから、、
美味しかったと絶賛する片岡さん、横山さん、細井君。
それに対し、本田さんと私、
”……半分までは美味しかったかな……?石橋駅の方が美味しいよね……”
ここで見事に男女で意見が分かれてしまいましたww
次に向かう先は大濠公園!その前にコンビニでアイスを購入し、食べながら向かいます。2016120522175843e.jpeg

本田さん、横山さんはベンチでくつろぎ、片岡さんはガチ寝していました。細井君と私は野良猫たちの写真を撮って楽しみました。十分に公園を満喫したところで、、

太宰府です!
学問の神様にしっかりと単位をお願いしてきました。おみくじをひいたり、梅ヶ枝餅を食べたり、甘湯を飲んだり、、、


20161205221800c79.jpeg
ちなみにこのとき食べた梅ヶ枝餅は、片岡さんの福岡食べ物ランキングNO.1となり、その後、その座を奪われることはありませんでした。

良い時間になってきたので、博多駅に戻ると………
イルミネーションがすごい!!!20161205233141a92.jpeg


写真にはよく見ると横山さんが写り込んでいます(^^)

この時、本田さんは、思っていたより使えない福岡マラソンのTシャツのせいで帰りに着る服がなくなり、しまむらで帰りの服をチョイス中。
そこへ合流し、横山さんの提案により、4人は誰が1番本田さんに似合う服を選べるか競争することに!
真面目に考える私達一回生をよそに、ヒョウ柄やライオン柄の服をもってくる横山さんと片岡さん、おもしろすぎました笑

夜ご飯!!
予約しておいた店に入ります!!
………あれ???

あろうことか、入る店を間違えてしまいました。
気をとり直して予約先のお店へ。
焼き鳥店です!
マラソン前日なので皆、沢山食べました。
私もマラソン前日は食べるべきという言葉を信じて、満足すぎるぐらいに食べさせて頂きました!
とにかく美味しかったです^^

さて、ここでこの日は解散!
明日に備えて各自準備です。

これでこの日は終了です。
マラソン当日に続きます。
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME