駅伝の広場

このブログは駅伝同好会のメンバー間の交流などなど、何でも使ってもらえればと思って設置しています。 メンバーのみなさ~ん! 記事の投稿、返信、ドシドシお書きください♪

第101回陸上日本選手権 予想

2017-06-21-Wed-19:34
みなさんこんばんハンバーグ。

今日も1日お疲れ様です。

さて、今週末(6月23日~6月25日)にとうとう近づいてきました第101回陸上日本選手権。残念ながら、駅伝同好会からは参加資格タイムを切った人がいないので、出場者はいませんねぇ。。。
が、今年は大阪開催ということもあり、駅伝勢からも多くの人が観戦に行くようです。観戦行く人は必読やで。

男子長距離種目を中心に日本選手権を予想したいと思いまーす。(駅伝同好会は一切関係ありませんが、陸上関係のブログということでお許しを笑)

・男子1500m
全種目の中で最多の49名がエントリー。昨年優勝&持ちタイムナンバー1の戸田選手(日清食品)が有力か。関東インカレ、学生個人と、この春1500m絶好調の館澤選手(東海大)も優勝候補に名乗り出た。
また、昨年の高校長距離界の王者、今年から社会人のスーパールーキー遠藤日向選手(住友電工)にも注目が集まる。
あと個人的には同郷の冨原選手(中央大)にも頑張ってほしい。
世界選手権の参加標準記録が日本記録よりも上なので、なかなかこの種目で世界と渡り合うのは厳しいのが現実だが、日本人選手の底上げは確実に進んでいる1500mは激戦が予想される。

・男子5000m
参加資格が厳しく少数精鋭のエントリーという印象を受けた。大注目はやはり昨年のチャンピオンNikeORPJTの大迫傑選手。4月にはボストンマラソンに挑戦し、トラックへの移行がよめていなかったが、先日ポートランドのレースで今シーズン日本人トップの13’25を記録。やはり優勝候補は大迫選手であろう。
金栗記念で今シーズン日本人2位の13’28、GGNでも13’32と好タイムを出している松枝選手(富士通)も注目だ。大迫選手の2連覇を阻止し、初優勝なるか。
そのほかにも5000m、10000mともに日本歴代2位のタイムを持つ鎧坂選手(旭化成)も打倒大迫選手に名乗りをあげる。昨年はケガに苦しんだが、今シーズンは27分台を出すなど復調の兆しが見えてきた。
もちろん昨年のリオ五輪代表村山紘太選手(旭化成)、設楽選悠太選手(Honda)からも目が離せない。
この種目では世界陸上の参加標準である13’22’60を突破している選手はまだいないため、この記録を狙った高速レースが期待される。

・男子10000m
こちらの種目も5000mとの2冠2連覇がかかる大迫選手が大本命か。昨年同様大迫、村山、設楽選手とリオ五輪代表を中心にレースは展開されるのではないだろうか。
この種目には旭化成の選手が6名もエントリーしており、何らかの大迫傑対策を仕掛けてくるかもしれない(ZAWAチャンネル参照)
他にも2011~2014年までこの種目4連覇の佐藤悠基選手(日清食品)も久々のエントリー。久々にあの切れ味抜群のラストスパートが見られるか!!
私の推しメン服部勇馬選手(トヨタ自動車)も出場予定ということで楽しみだ。駅伝同好会OGのHNDさんの推しメン一色選手(GMO)もエントリー(一色選手は平岩さんに似ているとの情報もあるのでチェックしてみてください)

・男子3000sc
ハードルのような障害を飛び越えながら、3000mを走るこの種目。昨年この種目でリオ五輪に出場した塩尻選手(順天堂大)に注目が集まっていたが、先日ツイッターで、ケガのため欠場を表明。昨年の覇者潰滝選手(富士通)がややリードのように思われる。
が、10000mで27分台の走力を持つ市田孝選手(旭化成)もエントリーしているので注目だ。

・男子100m
日本人初の9秒台は出るのか!!
リオ五輪4×100mリレー銀メダリストの桐生選手(東洋大)、山縣選手、ケンブリッジ飛鳥選手の3強対決に注目だ。
さらにこの春一気に台頭してきた多田修平選手(関学大)が台風の目となるか。先日の学生個人で追い風参考ながら、国内初の9秒台をマーク。今最も勢いのある多田選手、この3強に割って入れるか。


以上男子の長距離と100mしか予想できていませんが、全種目楽しみであります。この夏は日本選手権と世界陸上で盛り上がりましょう。(観戦班 片岡)
スポンサーサイト

COMMENT



2017-06-21-Wed-20:22
個人的順位予想(1500と長距離編)
1500
1位 戸田 日清食品
2位 館澤 東海大
3位 秦 大塚製薬
(名前は忘れたけど、神戸高校の子が注目かも。笑)

5000
1位 大迫 Nike Oregon project
2位 松枝 富士通
3位 上野裕一郎 DeNA
4位 村山絋太 旭化成
5位 横手 富士通
(大体今期好調な順に並べてみた感じ。絋太だけは読めない…笑。ラスト勝負だと見た。笑)

10000
1位 大迫 Nike Oregon project
2位 鎧坂 旭化成
3位 佐藤悠基 日清食品
4位 設楽悠太 HONDA
5位 村山絋太 旭化成
(2745を狙ってハイペースでレースが動き、ラスト一周ではあまり人が残っていないと予想。絋太は調子次第かな。代わりに市田孝、大六野のどっちを入れるかで迷った。笑)

3000SC
1位 潰滝 富士通
2位 山口 愛三工業
3位 市田 旭化成
(箱根9区の区間記録持ってる篠藤も注目。)

勝手な個人予想でした。笑

コメントの投稿

HOME