FC2ブログ

駅伝の広場

このブログは駅伝同好会のメンバー間の交流などなど、何でも使ってもらえればと思って設置しています。 メンバーのみなさ~ん! 記事の投稿、返信、ドシドシお書きください♪

ベルリンマラソン2017 当日編

2017-10-02-Mon-05:04
引き続きベルマラ当日について書かせていただきます濱元です。当初の予定では前日と当日まとめて書くつもりだったのですが長くなりすぎたため分けました。興味のある方はどうぞお付き合いください。


さて、待ちに待った(待ってない)レース当日は6時に起床し、7時過ぎにホステルを出発してスタート地点へ向かいました。

天気はあいにくの雨でした。これはディスアドやな。
LINE_P20171001_15103995.jpg


駅にはランナーらしき人たちが沢山いました。その流れに乗って会場へ。


さてさて、まず会場に着いて一番最初にしなければならなかったのは、安全ピンを手に入れることでした。インフォメーション行けばさすがに置いてるやろ、ということで地図を見て探すことに。
しかし現在地表示がないため自分たちがどこにいるかわからず地図の前で立ち尽くす3人。そこに日本語が聞こえてきました。

近くには日本人のおじさんが立っていました。これはチャンス!そのおじさんにかくかくしかじか話すと、なんと安全ピンをくれるというのです。神か。おじさんっょぃ。

曰く、安全ピンは受付会場に置いてあるのを自分でとらなきゃいけないみたいです。そんなの知らんがな。。。
「運がよかったと思えよ〜」とおじさん。本当運がよかった。ダンケシェン。
こういうとき海外マラソン経験のあるおじさんは頼りになるな〜


安全ピン問題を解決したわたしたちは手荷物預けの場所を確認したり、トイレを済ませたりしました。

国会議事堂の前で記念撮影
LINE_P20171001_15104024.jpg


3人ともスタートのブロックが違ったのでここで一旦お別れです。


1人になったわたしはとりあえず手荷物を預けに行きました。
汚い話ですが途中女の人が茂みに隠れて野糞していてドン引きでした。やるならもっと隠れてしてくれ。
手荷物を預けたあとは特にやることもなかったのでスタート地点に向かいました。


なんだかまた記事が長くなりそうですが引き続きレースの様子についてお伝えします。


スタート前の様子
LINE_P20171001_15104055.jpg



モニターでキプチョゲやQちゃんが喋ってたり会場の様子が映し出されてたりいい感じの音楽がかかってたりして会場の熱気が高まっていきます。
LINE_P20171001_15104087.jpg


一番後ろのブロックだったわたしはウェーブスタートで1時間遅れのスタートだったので待ち時間が長く体がめちゃ冷えました。

いよいよスタートです!
5

ふぉーーーー


LINE_P20171001_15104113.jpg


途中まで4時間半のペースメーカーについて行きましたが普通にしんどかったので諦めて時々歩きながら自分のペースで走ることにしました。

沿道の応援が全く途切れず、また知らないおっちゃんに「Rena! Go!」と言われたりして、ありがたいのですがとても歩きにくかったです。笑

練習不足+観光の疲れで死にそうでしたが沿道の天使みたいな子供達とのハイタッチに元気をもらいつつなんとか走りました。レース中の記憶は雨と疲労であまりないです。


最後はウンターデンリンデンをひた走る。
奥にカイザーヴィルヘルム教会が見えます。
LINE_P20171001_15104137.jpg



これなんの建物だろ
LINE_P20171001_15104168.jpg



エイドはちゃんとしたレースらしく、水、スポドリ、温かいお茶、りんご、バナナなどで、私設エイドはほとんど見ませんでした。
公式だけどうっすいレッドブルも置いてました。
プリッツ握りしめて立ってるおばちゃんいたけどあれ食べる人いるのかな。

LINE_P20171001_15104194.jpg



ついにゴールのブランデンブルグ門が見えてきました!
LINE_P20171001_15104222.jpg



わ〜〜。やっとゴールだ〜。
LINE_P20171001_15104250.jpg


と思ったら門からゴールまで結構距離あった


ゴールすると食べ物の入った袋とメダルがもらえました。ビニールにくるまってうろうろしていると永田さんと運良く遭遇!
その後荷物を受け取りに行く途中でビール(ノンアルコール)をゲット
LINE_P20171001_15104302.jpg


さすがドイツ


めでたく完走したので永田さんと記念撮影
LINE_P20171001_15104329.jpg


いえーい


国会議事堂前の芝生でしばし休憩した後、チップを返却しに行きました。
これを忘れると誰かさんみたいに€25とられちゃうので気をつけてくださいね☆〜(ゝ。∂)
規模は違えどチップ回収から記録証の発行まで運営が全てやってくれる日本のマラソンは改めてすごいなと思ったのでした。

その後記録証と完走Tシャツを受け取りに行きました。引換所がなぜか会場の外にあり、しかもその場所が駅の反対側で、かなり歩かされました。これまたディスアドでした。



引き換えを終えホステルに戻るとスイスからやってきたたーこがお出迎えしてくれました。やっと会えた。
つるちゃんは先にゴールし先に帰って休んでました。自己ベスト狙ってたけど死んでました。残念ですね。次は万全の体調で記録狙ってほしいです。


夕食はみんな疲れてたのでホステルの近くでとりました。ケバブ再び。ここは永田さんが奢ってくださいました。ごちそうさまでした🙏
LINE_P20171001_15104360.jpg


つるちゃんケバブ食べるの早い説とかもあったな〜(しみじみ)


ベルリンのビール、ベルリナーピルスナー
LINE_P20171001_15104386.jpg



くまがかわいい
ちなみに個人的にドイツで一番おいしかったビールはケルンのビール、ケルシュでした。


最後にまとめると、さすが世界屈指の高速コース、高低差がほとんどなく練習不足でもそれなりの記録を出すことができました。練習してなかったのが悔やまれます。あとマラソン出る度に思いますが観光とマラソンは一緒にしちゃダメですね。笑
OBのまいけるさんはツアーで来てたみたいです。ツアーだとホテルが会場の近くだったりしてアドが多いです。出るかわからないけど大人になったらわたしもツアーにしよう。

ベルリンマラソン、ドイツ観光も初海外マラソンもできたし、なんといっても彩に会えて夏休み最後のいい思い出になりました。

さてさて長くなりましたが以上濱元がお送りしました。
お付き合いありがとうございました。

次は帰国編に続きます✈
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME