駅伝の広場

このブログは駅伝同好会のメンバー間の交流などなど、何でも使ってもらえればと思って設置しています。 メンバーのみなさ~ん! 記事の投稿、返信、ドシドシお書きください♪

卒業旅行 in タイ 3日目 パート2

2018-04-17-Tue-11:49
こんにちは!
綾香に引き続いて駅伝四回卒業旅行の三日目を私、赤嶺の視点から書いていきますよ〜


三日目、僕たちはアユタヤ組のメンバーを後に残し、朝6時前にホテルを出ました。眠い…
ツアーの車に乗り込んだところで一時間半車に揺られ、まずはメークロン市場という所に行きました。

とりあえず写真撮影。やっぱり眠そう。
1523932801296.jpg

皆さんはメークロン市場をご存知でしょうか?
そこは市場ということで東南アジアらしい露店が並んでいるのですが、何とその市場があるのは線路上なのです。
僕は以前『世界の車窓から』というテレビ番組でメークロン市場を見たことがあって、それはそれは衝撃的でした。

1523932803123.jpg
普段はこのように露店の屋根やら品物やらがお構い無しに線路にはみ出ているのですが…

1523932805151.jpg
列車が通る時間になると一斉にそれらを片付け、通り過ぎたら何事も無かったかのように元に戻して商売を始めるというのです。いやでもよく見たら野菜やら果物が線路上に放置されてますけどね笑

「列車に当たらなければええやろ(適当)」といったところでしょうか、何とも大胆な…しかしこれは一目見ておかねば!ということでワクワクしながら現場に降り立ったという訳です。

待ち時間に朝ごはんとしてガパオライスを頂きました、これが本場のガパオか〜うまうま。
1523932808345.jpg

列車の時間を待っていると観光客がすんごい増えてきました。うーん人多すぎわろた笑 これ本当に見れるのか…?

1523932811338.jpg
列車がきた所を激写する我々。そして肝心の市場の様子はというと…

1523932814949.jpg
ぜ、全然見えねえ…

1523932820157.jpg
辛うじて目前を通過する列車の様子をとらえられました。
しかし今回はメークロン市場の魅力を伝えられるに足る写真が撮れなかったので、皆さんはぜひ世界の車窓から〜メークロン市場特集〜を探してご覧ください、感動します笑


その後一行はココナッツファームで軽く休憩した後、水上マーケットに向かいました。

現地は陸路とは別に無数の水路が張り巡らされており、どうやら現地の人々の生活の一部となっているようです。
チャオプラヤ川を初めとしてこの地域に流れ出る河川は河口で三角州を形成しているんでしたね。その特徴的な地形が人々の生活様式をも形作ったのでしょうか。非常に面白いですね……受験の地理が好きだった僕は一人で感動してました笑

てなわけでボートに乗り込み水上マーケットまで移動。動画を載せられないのが残念ですが、電動ボートを操る兄ちゃんがかなりとばすので、さながら某ディズニーのアトラクションのようでした笑

水上マーケットがこちら。
1523932821673.jpg

到着してみるとココナッツアイスを食べるアユタヤ組と遭遇!少しだけ水上マーケット観光の時間が被っていたようです。
1523932823541.jpg

アユタヤ組と別れたところで、今度は手動のボートに乗って水上マーケットを一周することになりました。

水上マーケットとは聞いてたけど、これ水上で売る必要あるの?みたいな品物まで売られてて面白かったです笑

1523932825864.jpg
水上でバナナを買いご満悦の難波氏。
ココナッツアイスもおいしかったです。


ここまでで11時くらいでした。早起きするとこんなに密度の濃い午前中を過ごせるとは…普段の生活に生かしていきたいところ。

ツアーの最後にはタイ式ラーメンの店に行き、タイラーメン食べてながらビールも頂いてしまいました。昼から飲める幸せ…良き。
1523932929602.jpg

お腹も満たされたところで帰途につきました。午後にはずっと暇だったのでお土産を買うためにショッピングに出掛けました。とは言っても写真も話すネタもないので水上マーケット時の難波氏と匠氏を載せておきます。
1523932830092.jpg

夜にはアユタヤ組と合流し、近場のレストランで晩ごはんを食べました。すぐ側でジャズの演奏をしてくれるところですごく良い雰囲気でした。


二次会はホテルで。タイでの最後の夜を楽しんだのでした〜
1523932832131.jpg

みんなお疲れのようで日付変わる頃にはソファで寝てしまう人もちらほら。1日お疲れ様でした。


というわけで三日目のメークロン組のレポートはここまでです!四日目は石原が担当します!「書くことないよ!笑」と嘆いていましたがどうなるのか笑

次回、お楽しみに!
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME